トップ > 使い分けワンポイント > shouldの使い分け

shouldの使い分け

「多分 ‥のはず」で使われる should

He should get here by 3PM.
彼は午後3時までにはここに着くはずです。

可能性や推量を表わす意味の should で、よく使われます。

話している本人の確信度は、minghtmay よりも高くて、must よりは低くなります。

その点を頭において、うまく使い分けるようにします。

It should be OK now.
もう大丈夫でしょう。

などのような文もよく使われます。
 

 

「should have」‥したはずだ

She should have arrived at the office by now.
彼女はもうオフィスに着いているはずです。

should に「have+過去分詞」の形として、「‥したはずだ」の意味で使われます。

Probably she has arrived at the office by now.
たぶん、彼女はオフィスに着いています。

と言った場合は、should have よりも確信度が低くなり、

I'm sure she has arrived at the office by now.
彼女はきっとオフィスに着いています。

となった場合は、「確信がある」という意味合いになります。

「‥するべきだったのに」の should have

should have の形で使われる場合で、
「~すべきだった(のにしなかった)、~すればよかったのに(しなかった)」という意味で使われます。

You should have seen it.
あなたに見せたかったなー。

I should have known better.
もっとよく知っておくべきだったね。

I should have brought my computer!
コンピューターを持って来るべきだったよ!

「‥するべきだったのに、実際は~しなかった」というニュアンスで使われます。

Why didn't bring my computer?
なぜコンピューターを持ってこなかったんだ。

という言い方もできます。

I'm idiot!
俺って、バカだねー !

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他

a:328 t:4 y:3