トップ形容詞secret, confidential, classified,他

secret, confidential, classified,他「秘密の」意味の違い、使い分け

今回は形容詞の類義語です。
「秘密の」という意味を表す語で、secret, confidential, classified, covert, undercover, underground, clandestine, hush・hush の8つ。

耳慣れている語もあると思いますが、果たしてそのニュアンスはどう違うのか、どのように使い分けるべきなのか、その部分についてあらためてまとめてみました。

secret


① secret : (少人数の間で) 秘密の

少人数の間で秘密にしていることがある場合に使われる言葉です。
例文:
We have a secret code for the database.
我々にはデータベースへの秘密のコードがあります。

② confidential : (企業や取府などの間で) 部外秘の

比較的大人数の間で使われ、「外に漏らしてはならない」という二ユアンスをもっています。情報や書類に対してよく使われる言葉です。
例文:
Clients' personal information must be confidential.
顧客の個人情報は外に漏らしてはいけません。
 

 

③ classified : (特に政府などが外部に漏らさない場合) 機密の

政府が公に出るのを防ぐ情報に対して用いられます。
例文:
Such classified information must not be duplicated.
そのような機密情報は複製してはいけません。

④ covert : (特に政府や公的機関の行動に対して) 秘密裏の

公的機関が秘密裏に行うなど、ある目的違成のために秘密に行動するという意味をもっています。
例文:
The politician was accused of receiving covert donation.
その政治家はヤミ献金を受け取って訴えられた。

⑤ undercover : (特定のミッションに対して) 隠密の

警察が犯人を捕まえるために隠密行動をとる、という場合などに使われます。
例文:
I have a feeling that James is an undercover man.
ジェームズはスバイなのではないかな。
 

 

⑥ underground : (明るみに出ずに内密に活動する場合) 反体制の

「地下の」という意昧がありますが、表社会に出ずに裹で活動するものに対して使われます。
例文:
We will not take any underground methods.
我々は非合法手段は絶対にとりません。

⑦ clandestine : (違法で道徳に反する場合) 秘密の

法律に反するなど、やってはならないことに対して使われます。
例文:
Zoe was engaged in clandestine service for 20 years.
ゾーイは20年もの間スパイ活助をしていた。

⑧ hush-hush : (secretの話し言葉) 秘密の

口語的な表現で、使われる機会が比較的多いです。
例文:
I am working on a hush-hush plan.
私は内々で計画を進めています。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:221 t:2 y:4