トップ名 詞sea, ocean

sea, ocean「海」意味の違い、使い分け

今回の同意語は名詞で、「海」を意味する2つの語、seaocean についてです。
意味やニュアンスの違いと使い方、そして実際に会話をするときの使い分けについてまとめました。


① sea : (局地的な) 海

sea

一般的な海を指す単語で、厳密にはある地域の局地的な海の名前に使われます。
部分的に、あるいは完全に囲まれている、陸に近い部分の海を指すことも多く、Sea of Japan (日本海) のようなエリアを指します。

紅海   the Red Sea
北海   the North Sea
地中海  the Mediterranean Sea
瀬戸内海 the Seto Inland Sea
南シナ海 the South China Sea
バルト海 the Baltic sea

また、地形としては海ではなくて湖と判断されるものの中で、常識的な湖の範疇を超えるような広大なものを指して sea と表現する場合もある。

死海   the Dead Sea
黒海   the Black Sea
カスピ海 the Caspian Sea

例文:
I want to buy a house by the sea.
海のそばい家を買いたいです。

My house is confronted in the sea.
僕の家は海に面している。

Did you go to the sea when you were in Nigata?
あなたは新潟にいたころ、海に行きましたか?

 

② ocean : 大洋

ocean

ocean は sea よりも広範囲な「大きな海、広い海、海洋」を指し、通常は
太平洋  the Pacific Ocean
大西洋  the Atlantic Ocean
北極海  the Arctic Ocean
南極海  the Antarctic Ocean
インド洋 the Indian Ocean
の5つの海洋のどれかを指すときに使います。

従って、会話の中で身近な海を指す場合は、ocean ではなく sea を使うのが良いでしょう。

例文:
Fish abound in the ocean.
大海にはたくさんの魚がいます。

You can see the ocean just beyond those trees.
あの木々のすぐ向こうに海が見えます。

My father is always in oceans of trouble.
私の父は、いつもとてつもない量の問題を抱えています。

③ 使い分けの例

「海を船で渡る」 という場合:
sail across the sea / sail across the ocean
どちらも可能な表現。
対象となっている海によってどちらかを使う。

「海水」 という場合:
sea water / ocean water
どちらでも意味は通じるが、sea water のほうが一般的な言い回し。

「水深」 という場合:
the depths of the sea / the depths of the ocean
特定した海の場合はどちらかを選んで表現するが、特定されていなければ、sea と ocean のどちらでも使える。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:351 t:3 y:0