トップ名 詞salary, wages, pay

salary, wages, pay「給料」意味の違い、使い分け

「給料」と聞くとすぐにサラリー(salary) を思い出しますが、労働の形態や賃金の支払方法によって、異なる単語が使われます。

今回は給料の意味でよく使われる3つの同意語、salary, wages, pay の違いと使い分けについてまとめました。


① salary : (固定/定額の) 給料

salary

会社員や専門職などの常勤労働者に支払われる、固定給や定額の賃金のことを表します。日本では「サラリーマン」という言葉が定着していますが、これは和製英語なので、英語では salary man とは言いません。

an office workera company employee というのが、正しい表現になります。salary という単語を使って表現するとしたら、a salaried worker と言うことになります。

例文:
He would not raise my salary.
彼は私の給料を上げようとはしなかった。

The directors of the company got a salary of $150,000 a year.
その会社の部長たちは年に15万ドルの給料を得ている。

Is your salary adequate to support your family?
あなたの給料は家族を養うのには十分ですか?

 

 

② wages : (労働分への)賃金

wages

労働に対して支払われる時給や日給、週給のことを表します。働いた分に対して支払われる賃金のことで、アルバイトや臨時労働などで支払われるものに対して使われます。

また、このような労働形態の人たちは a wage worker と呼ばれますが、wage という語の響きがよくないとして income を使う人も多いようです。

年俸制で支払われるスポーツ選手などの給料も salary ですが、トーナメントなどの試合で得た賞金は、income と言われています。

例文:
He advanced me a week's wages.
彼は私に1週間分の賃金を前払いしてくれた。

The they were dissatisfaction to wages low.
彼らは低賃金に不満を言った。

The nurses have kept demanding higher wage.
看護師たちは賃上げを要求し続けている。

③ pay : (様々な形の) 給料

pay

給料や賃金など、いろんな形の給料を表す最も一般的な語です。

例文:
He can get better pay elsewhere.
彼なら他ではもっと給料がもらえる。

I don't like this job. but the pay is good.
この仕事は好きじゃないけど、給料はいいんです。

The banker's pay cut was temporary, not permanent.
銀行員の給与カットは一時的なもので、恒久的なものではなかった。

関連の記事: 手当て(お金) salary, charge, fee 
接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他