トップ動 詞rest, stay, stop

rest, stay, stop「休む」意味の違い、使い分け

今回は「休む」という意味の動詞の類義語です。
rest, stay, stopの3つ。

いずれもよく耳にする単語ですが、その意味やニュアンスの違い、実際の使い分けについてまとめました。


① rest : 休止する

rest

特に仕事や旅行のあとなどのような、一時的に活動をしない時間を指す。日本語では「休憩する」、「休息する」にあたる語となります。

例文:
I always rest for an hour after dinner.
私はいつも夕食後1時間休憩する。

At noon they lay down in a forest to rest.
正午に彼らは休憩するために森の中で横たわった。

We then suggest you rest in silence for at least five minutes.
その後、少なくとも5分間は休憩することをおすすめします。

 

② stay : とどまる

stay

どこかに「滞在する」、「泊まる」、「とどまる」を表す言葉で、その場を離れることなくあることが終わるまで持続する、居続ける、あるいは、ある期間を通して滞在するという意味。

例文:
How long will you be staying in Hawaii?
ハワイには何日間滞在の予定ですか?

You should have stayed longer.
もっとゆっくりしていってくれれば良かったのに。

He wanted to stay there drinking long after midnight.
彼はそこに腰をすえて真夜中過ぎても酒を飲んでいたかった。

③ stop : 止める

stop

何かやっていたことを止めるという意味。例えば、歩いているときや運転をしているときなどに、stopと言った場合はもうその動作を続けないということになります。

例文:
You must stop saying that.
そんなふうに言ってくれなくても結構ですよ。

Mr. Davis looked at her sternly until she stopped.
デービス氏は彼女が泣き止むまで厳格に見つめていた。

The printing job can be stopped by pressing the button.
このボタンを押すと、印刷作業を停止することができます。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:493 t:2 y:3