トップ形容詞resemble, similar

resemble, similar 似ている の違い、使い分け

日常の会話で、「彼は○○に似ている」と表現することはよくあります。
しかしこの「似ている」と言う意味の英単語には、いくつかの同意語があります。

よく使われるのは resemble という形容詞。および、 similar という単語。
この2つの英単語は意味はほぼ同じですが、そのニュアンスの違いや使い分けは少し異なっているので、今回その違いをまとめてみました。

オンラインレッスンで迷った経験

以前、オンラインレッスンをしていて、相手の講師に
「あなたとわたしはとても似ている」

という言葉を言おうとして、resemblesimilar のどちらを使うべきかわからなくて、とても迷ったことがあります。

つまり、「わたしとあなたは性格が似ているね」と言おうとしたときですが、similar を使うべきか、resemble を使うべきかを迷ったということです。

あなたはどちらを使うべきか、わかりますか?
(わからないのは、自分だけかも‥‥(汗;)

 

辞書には

辞書を引くとどちらにも”似ている”の訳があります。
最初の頃はどちらでも良いのかな・・と思っていました。

ですが、少しずつ英会話力が上がってくると、そのことが気になり出して迷うようになったのです。

英会話講師に確認

それで知っている英会話講師と会ったとき、すぐにそのことを聞いてみました。

結局、その答えは、
resemble = looks like    ~のように見える
similar = almost the same  ほとんど同じく見える

また、
resemble  姿などが似ている
is similar 姿、性格などが似ている

と言う答えでした。

なるほど・・と思いました。
そしてそれからは、わたしは迷わなくなりました。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:64313 t:37 y:35