4スポンサーリンク   トップ名 詞relation, relationship, tie

relation, relationship, tie「関係」違い、使い分け

今回は普段の会話でときどき出てくる「関係」という意味の同意語、
relation, relationship, tie の3語。

何となくその違いをイメージできるように思うのですが、再度復習
をして改めてその違いを理解し、正しい使い方や使い分けについて、
学習し直しておきましょう。


① relation :特に公的な関係

 「国家、団体」同士の公的な関係について、用いる傾向があります。
 (複数形で)
 ・public relations   対社会的関係
           (「宣伝活動」を表わすこともある) 

 例文:
 ・He is a distant relation of hers.
  彼は彼女と親戚です。

 ・What was the relation between them?
  二人の間柄は何ですか?

 ・Is he any relation to you?
  あの人はあなたの親戚ですか?

② relationship :人間同士の関係

 傾向として、人間同士の親密な関係について用います。
 ただし、
 ・the relationship between mental and physical health
  (心と体の健康の関係)
 のように人間以外の関係について述べる場合にも使います。

 ・日米関係   the relationship between Japan and the U.S.
 ・二国間の関係 a relationship between countries

 例文:
 ・I have a relationship with him.
  私は彼と交流する。

 ・I want to bring back my relationship with you.
  あなたとの関係を取り戻したい。

 ・I have a special relationship wiht my cousin Jim.
  いとこのジムとは特別な関係がある。

③ tie :結び付き

 「人や組織の強い結び付き、関係」を表し、普通複数形で用います。
 ・結びつきの強弱(close、strong、weak)や、
 ・関係の種類(diplomatic, economical, emotional)
 を表わす形容詞とともに用いられる傾向があります。

 例文:
 ・India would like to strengthen its economic ties with Japan.
  インドは日本との経済関係の強化を望んでいる。
  
 ・Japan and China normalized diplomatic ties on September 29, 1972.
  1972年9月29日に日本と中国は国交を正常化した。

 ・サイトマップ (アルファベット順)/( あいうえお順
 ・接続詞 ・副 詞 ・動 詞 ・形容詞 ・名 詞 ・前置詞 ・その他
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:2897 t:1 y:4