トップ名 詞reaction, response

reaction, response「反応」意味の違い、使い分け

今回は名詞の同意語です。
「反応」という意味を持つ2つの語で、reactionresponse について。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① reaction : (考えずの) 反応

reaction

通常、何かの刺激に対する体の動きや、他の人の表情や態度、言葉などに対して、特に考えることなしに行われる動きや反応を表す。responseと同様に、「対処」といった意味で用いられることもある。

例文:
The reaction rate thereby decreases rapidly.
それによって反応速度が急速に遅くなります。

What is your reaction to the news of this disaster?
この災難のニュースを聞いてあなたはどう思うか?

 

② response : (よく考えての) 応答

response

通常、ある投げかけに対して、さらに慎重に考えた末の反応、応答、対処のことを表します。例えば、書面による返答などでは response が使われます。また、reaction とは異なり、暴力的な報復という意味を表すこともあります。

例文:
The response message is time stamped.
応答メッセージには、タイムスタンプが付いています。

The union will give management a response by tomorrow.
組合は明日までに経営側へ回答を出す。

③ 使い分けの例

「自然な反応」 という場合:
a natural reaction
a natural response 
どちらの表現も可能であるが、自然発生的な反応なので
a natural reaction のほうが一般的。

「書面による返答」 という場合:
a written reaction
a written response
書面による返答は、written response と表現するのが適切。
a written reaction は意味不明な表現。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:385 t:1 y:6