トップ名 詞quantity, amount

quantity, amount「量、数量」違い、使い分け

買い物するときやビジネスの取引きや生産の関係などではよく出てくる単語である「数、量、価格」。すぐに出てくる英単語としては quantity, amount などがあります。

今回はそれら類義語の意味の違いと、使い分けについてまとめました。


quantity : (物の持つ性質としての)量、分量

quantity

ある物が量にしてどれくらいあるのか、あるいはどれくらい求められているのかを表すときに用いられる語になります。特に改まった記述の中で使われるという傾向があります。なお、対極の意味となる語は quality「質」になります。

・大量に   in quantity
・一定量   a given quantity
・未知量[数] an unknown quantity

例文:
The quantity is too great.
分量が多過ぎる。

I prefer quality to quantity.
量よりも質を選ぶ.

The company bought large quantities of raw materials.
その会社は大量の原料を買った。

 

amount : (物の価値としての)量、額

amount

改まらない記述の中では quantity「量」と同義で用いられます。定冠詞の「the」が付いた場合には、集合体としての「総量」や「総額」を表すことになります。なお、 amount「量」と対照的に用いられるのは number「数」となります。

・多額のお金 a large amount of money
・小量の水  a small amount of water
・総計で   in amount

例文:
The amount of soba is too large
蕎麦の量が多すぎます。

A large amount of money was spent on the new project.
多額のお金が新しい事業に使われた。

The amount of the bill was more than I had in my wallet.
請求書の総額は、財布に持っているより金額以上であった。

補足

amount は動詞としても用いられることが多く、「amount to ~」で「総計~になる」とか「(結果的に)~になる、~に等しい」という意味になります。

My debts amount to at least $7000.
私の借金は少なくとも総額7000ドルになります。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:735 t:11 y:10