スポンサーリンク   トップ動 詞put, set, place, lay「置く」

put, set, place, lay「置く」違いと使い分け

単語を復習するタイミングは、その単語を使おうとしてすっと出て
こなかったり、結局思い出せなかったりしたときがベストです。

先週、オンライン英会話のレッスンを受けている際に、ある単語の
前に「the」を置くとどう意味が変わるのかについて質問しました。

その時、一瞬ですが put と set が頭の中にちらつき、結局 put
を使いました。

あとでよく考えると、この「置く」という意味の単語もかなりの数
がありますので、せっかくですから今回まとめて復習をすることに
しました。

調べてみると、put, set, place, lay, rest の5つの単語が対象と
なることがわかりました。

以下、その内容です。


put :(一般的な)置く

 「置く」を表す最も一般的な単語です。

 目的語としては
  ・体の一部    hand, arm, foot
  ・具体的なもの  phone  (電話)
  ・抽象的なもの  pressure(圧力)

 のようなものがきます。

 例文:
 ・Put your hand on the mouse and click the right button.
  マウスに手を置いて、右のボタンをクリックして下さい。

set :(決まった場所に)置く

 put に比べると”きちんと決まった場所に置く”という感じに
 なります。

 従って、目的語にも
  ・目標  target
  ・基準  standard
  ・制限  limit

 など、明確にしなければならない基準のような意味の単語が、
 多くくることになります。

 例文:
 ・At the casino, I set a daily limit of what I allow myself to lose.
  カジノではわたしは1日の負けの限度額を決めている。

place :(注意深く)置く

 put に比べると「注意深く置く」というニュアンスがあります。

 目的語には hand のように身体を表すものよりは、
  ・強調  emphasis
  ・負担  burden
  ・信頼  reliance

 など抽象的な名詞が多く、内容的にもそれらを慎重に置く、という
 意味で使うことが多くなります。

 例文:
 ・The new president placed his hand on the bible and made his oath.
  新大統領は聖書に手を置き宣誓を行った。

lay :(水平に)置く

 普通、平たいところに「敷いたり広げたりするような感じで置く」
 ことを意味します。具体的な名詞です。

 これで「基礎を据える」とか「非難する」、「強調する」といった
 フレーズを作ります。

 例文:
 ・Close your eyes and lay your hand on the table.
  目を閉じて、片手をテーブルにのせて下さい。

rest :(支えてもらうように)置く

 「何かに支えてもらうような感じで置く」という意味です。

 したがって目的語には
  ・ひじ  elbow
  ・あご  head, chin
  ・額   forehead

 など、身体の一部を示す単語が圧倒的によくきます。

 例文:
 ・She rests her chin on the edge of the sofa.
  彼女はソファーの橋にあごをのせている。

 ■読まれている動詞 ベスト:こちらは大丈夫ですか?
  ・行く       go, come
  ・要求する     claim, demand, require 
  ・選ぶ       choose, select, elect
  ・許す       allow, permit, forgive
  ・禁止する     forbid, prohibit, ban

スポンサードリンク:

a:16263 t:18 y:30