トップ副 詞pretty, quite, fairly, rather

pretty, quite, fairly, rather「かなり」の違い

「かなり」という意味をもつ単語は、いくつかあります。
普段、日常会話でよく使っているものでは prettyquite など。
そして、それ以外でも fairly, rather といったものがあります。

同じ「かなり」という意味を持っている語ですが、そのニュアンスには
少し違いがあります。

すごく大きな違いというわけではないのですが、その強さの違いに加え
肯定的であったり否定的であるというような意味合いの違いがあるので、
中・上級を目指すものとしてはそれを良く理解して、正しく使い分けて
いきたいものです。


① pretty : かなり、とても

「ずいぶんと、とても、かなり、非常に」というような意味の副詞で、
形容詞や副詞を修飾し、それらの意味の強さを加減する働きをします。
quitevery とほぼ同じ意味で、同程度の強さの語句です。

アメリカ英語とイギリス英語では少し違うようですが、その強さの違い
は、次のようになるようです。
1) prettyquitevery
2) rather
3) fairly

pretty は会話やくだけた文章などで使われる語なので、論文や堅い文章
などでは使われません。

また、あとで出てくる fairly(肯定的ニュアンス)と rather(否定的ニュ
アンス)の両方のニュアンスをもっているので、特にそのニュアンスを
使い分けて伝えたいときなどを除き、自信のないときは pretty を使う
ようにした方が無難でしょう。

日本語では「て、に、を、は」でニュアンスの違いを表現しますが、
英語ではこのように持っているニュアンスの違う単語を適切に使い分け
て、微妙なニュアンスの違いを表現します。

例文:
・It's pretty cold this morning.
 今朝はかなり寒いです。

・I think the exam was pretty easy.
 そのテストはかなり簡単だったと思う。

・It looks pretty cold outside.
 外はかなり寒そうです。

 

② quite : かなり、なかなか、とても

quitecoldhot、あるいは goodbad などの段階的な評価をす
る単語を修飾するときは、「まあまあ、かなり」という意味となり、
「すごく、非常に」という意味を和らげる働きをします。
(fairly よりは幾分程度が高いです)

また、強い度合いの形容詞(amazing、awful、extraordinary、他)
や、段階的ではない形容詞(full、empty、perfect、wrong、他)など
を 修飾する場合には、「全く、完全に」の意味となります。

例文:
・It's quite cold today, isn't it ?
 今日はかなり冷えますね。

・He is quite wrong.
 彼は完全に間違っている。

・She has quite recovered from her illness.
 彼女は全快しました。

③ fairly : (好ましい意味で)やや、かなり

fairly は「まあまあ」という意味の語で、好ましい意味合いを表し、
形容詞や副詞につけてその強さを弱める働きをします。

rather とは異なり、否定的な意味合いは持っていません。従って、悪い
意味を表す形容詞や副詞にはつけられません。また、pretty のところで
も書いたように、4つの語の中では最も程度が弱いものとなります。

一つ例をあげて説明すると、
His room is fairly tidy.  彼の部屋はまあまあ片づいている。
というような使われ方をして、形容詞tidy の程度を少し弱める働きを
します。従って「すごく片付いている」レベルではなくて、「まあまあ
である」というレベルを表すことになります。

例文:
・This area is fairly warm.
 このエリアはまあまあ暖かいね。

・That sounds like a fairly good proposal.
 なかなか良さそうな提案です。

・We are fairly safe from detection.
 わたし達はまず見つかる気遣いはない。

④ rather : (好ましくない)かなり

pretty, quite, fairly と同じように、程度を示す段階的な形容詞や副詞な
どを修飾して「かなり、相当に」などの意味を表しますが、大きな違い
は好ましくない気持を表す語であるということです。

また、ratherquitefairly と違って、形容詞や副詞、動詞の意味を
強める働きをします。そして動詞を修飾することもできますが、人の意見
に反論するようなケースでも使われます。

Her song is rather bad.  彼女の歌はかなりひどい。
段階的な評価をする形容詞や副詞を修飾するときは、かなりの不満を表
していることになります。

例文:
・This room is rather warm.
 この部屋はかなり暖かいですね。(暑いくらいで好ましくない)

・The rice is boiled rather hard.
 そのご飯はかなり固いです。  (固くて好ましくない)

・This miso soup is rather hot.
 この味噌汁はかなり熱いです。 (熱くて好ましくない)
 

◆トップへ戻る
a:19733 t:29 y:40