トップ名 詞patience, endurance

patience, endurance「忍耐」意味の違い、使い分け

今回は名詞の同意語で「忍耐」の意味をもつ、patience, endurance の2つの語です。

どちらも何かを我慢するという能力を表しますが、意味は同じでも表す対象が大きく異なりますので、その違いと使い分けをまとめてみました。


① patience : (精神的な) 耐久力

patience

「忍耐、我慢、辛抱強さ、根気」という意味の語。
他人や状況に対する精神的な忍耐や我慢を指すことが多く、我慢できなくなると怒りを感じるたぐいのものを意味します。

例文:
Have a little more patience.
もう少しの辛抱です。

I lost patience with his selfishness.
彼のわがままにはもうこれ以上我慢できない。
 

 

② endurance : (肉体的な) 耐久力

endurance

意味は patience と同じく「耐久力、持久力、我慢(強さ)」を表しますが、その対象が異なります。

精神的な部分ではなく肉体的な耐久力を指し、限界を超えると倒れたり死に至ったりするというような意味合いを含む言葉になります。

例文:
Lucy doesn't have the endurance for an operation.
ルーシーはこの手術を受ける体力がありません。

You need great endurance to run ten thousand meters.
1万メートルを走るには大きな耐久力を必要とします。

③ 使い分けの例

「体力」 という場合:
physical endurance と表現する。
endurance は肉体的な忍耐や耐久力を表すので。
physical patience とするのは意味不明で不適当。
 
「耐久レース」 という場合:
肉体的、物理的な耐久力を表すので endurance を用いる。
an endurance race

「堪忍袋の緒が切れる」 という場合:
end of one's patience と表現。慣用句です。
精神面を表しているので、end of one's endurance とはならない。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:233 t:1 y:3