トップ名 詞pact, treaty

pact, treaty「条約」意味の違い、使い分け

今回は名詞の同意語で、「条約」という意味をもっている、pact, treaty の2つ。どちらも二者間の合意で、文書にされたものや、口頭によるもののどちらにも使われます。

意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① pact : (友好関係にある場合の) 条約

pact

原義は「合意した」を意味する語で、お互いが友好関係にあることが多く、ある行動を共に実行に移そうとするときの合意を意味します。国家間、企業間、個人間の約束や協定であり、悪巧みや密約なども含まれています。

例文:
The United States and Japan have signed a free-trade pact.
アメリカと日本は、自由貿易条約に調印した。

The two companies decided to form a pact to raise prices.
その二社は値上げ協定を結ぶことを決めた。

The EC countries are working out a new security pact.
EC諸国は新たな安全保障条約を検討中です。

 

② treaty : (敵対している場合の) 条約

treaty

互いが敵対している場合の条約ですが、主に、国家間の停戦などの肯定的な事柄に関する約束を指します。

例文:
War broke out when the treaty was ignored.
その条約が踏みにじられて戦争が起こった。

The two countries negotiated a peace treaty.
その2国は平和条約を取り決めた。

The two countries decided to stop fighting and form a treaty.
その二国は戦争をやめて、条約を結ぶことに決めた。

③ 使い分けの例

「正式な条約」
treaty, pact のどちらも使用可能。
とちらも文書化され、公式なものになり得ます。
a formal treaty でも a formal pact でもOK。 

「友人との約束」
pact は主に友人と結ぶもので、treaty は主に敵と結ぶものである。
a pact with my friend と表現するのが適切。
a treaty with my friend は不適切。

「邪悪な協定」
treaty が悪意のある目的で締結されることはほとんどないので、
an evil pact と表現するのが適切。
an evil treaty は不適切。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:80 t:1 y:4