トップ名 詞outlook, prospect

outlook, prospect「見通し」意味の違い、使い分け

今回の類義語は、名詞で「見通し」の意味を表す outlook, prospect の2つ。
outlook はコンピューターのソフト名として有名ですが、まだまだ prospect は日本国内ではメジャーな言葉にはなっていません。

そこで、これらの語を正しく使い分けることができるように、その違いと使い分け方について、まとめてみました。


① outlook : 見通し

経済予測

よりフォーマルな語句で、現状分析に基づいた予測を単純に述べるための言葉となります。

例文:
The outlook for an economic recovery is good.
経済回復への見通しは明るいです。

Business is bad, and the outlook for next year is even worse.
景気は悪く来年の見通しはさらに悪い。
 

 

② prospects : 見込み

回復見込み

話している人が、人の健康や経済の回復など、事態の好転を望んでいる場合によく使われる言葉です。通常は複数形で用いられます。

例文:
His prospects of recovery are good.
彼の回復の見込みは明るい。

The prospects for our victory are excellent.
僕らが勝利する見込みは十分ある。

③ 使い分けの例

「経済予測」 という場合:
現状分析に基づいた予測の場合なので、an economic outlook と表現する。
economic prospects は希望的に好調な経済を予測するニュアンスとなるので、使われない。

「悲観的な予測」 という場合:
悲観的な予測なので、a pessimistic outlook を使う。
希望を含んだ予測を表す prospect は使われない。

「予測を文書にまとめる」 という場合:
書面にするほど正式なものの場合は、outlook を使って表現する。
write an outlook

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:717 t:5 y:2