トップ名 詞origin, source, root

origin, source, root「根源」意味の違い、使い分け

今日は「根源」という意味を表す同意語で、origin, source, root の3つの名詞。
どれも日本語の中でときどき出てくる語なので、何となく意味はつかめるように感じると思いますが、必ずしも日本語と英語のニュアンスが同じとは限りません。今回あらためて、その意味の違い使い分けについてまとめてみました。


origin : 起源、基点

origin

ある出来事や何かの物が、生まれたり、発達したり、変化したりする、その発端になる「ある状態や物事」を指す言葉です。人間の生命の始まりや祖先などを表す場合においても用いられたりします。

例文:
The origin of the fire is unknown.
火元が明らかではない。

The origin of this move was a picture book.
この映画の原作は絵本です。

Man still does not really understand the origins of life.
人間はまだ本当に生命の起源を理解してはいない。

 

source : 源、原因

source

ある何かが発生してくる場所とか、あるものを生み出す力などを指します。
情報などの「出所」の意味でも用いられたりします。

例文:
Shut down the operating power source.
操作電源を切りなさい。

He revealed the source of information.
彼はその情報源を明かした。

The profit from selling automobiles is my main source of income.
自動車の販売で得る利益が、私の主な収入源です。

root : 本質、根源

root

表面には出ていなくても、本質的な部分となっている「事・物」を表します。
roots と複数形で用いられた場合は、ある場所との根源的なつながりや、祖先などを表すことがあります。

例文:
Money is the root of all evil.
金は諸悪の根源です。

I found the root of the problem.
私はその問題の核心を見つけた。

The roots of the company's failure lay in the poor performance.
会社が倒産した根本的な原因は業績不振にあった。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:287 t:4 y:1