トップ名 詞opportunity, chance, occasion

opportunity, chance, occasion「機会」意味の違い

今日の英単語は「機会」という意味の名詞、opportunity, chance, occasion の3つについてです。

「~をする機会があったら‥」とか「次の機会に‥」というように、「機会」という言葉は日常会話でもビジネス会話の中でも、結構な頻度で使われていると思います。そのため、今後のためにこの3つの同意語の意味の違いと使い分けについて、整理してみました。


① opportunity :何かを行うための望ましい機会、有利な条件

「好機、チャンス」という意味です。
ある特定の目的や願望のため、何かの行動とるのに望ましい機会であることを表しています。普通は良い意味で使われます。

自分の何らかの向上を求めて努力している分野で、大きく伸ばすことができる可能性のある『機会』・・という意味になります。

chance との使い分けは明確では有りませんが、chance は偶然性を強く強調しますが、opportunity には偶然性は含まれません。

文学的な表現では opportunity の方が多く使われます。

例文:
I got a great opportunity to talk to the president.
私は大統領と話をするための絶好の機会を得た。

He got an opportunity to introduce himself to the president.
彼は社長に自己紹介できる機会を得た。

This is a unique opportunity to visit some scenic sights in Roma.
今回はローマの景勝地を訪れるまたとない機会です。  

 

② chance :幸運または偶然によって生じた状況

偶然によって生じた「機会、好機」、あるいは、単なる「可能性」の意味。その偶然性のニュアンスを強調します。

自分で努力して引き寄せた好機ではなく、たまたま偶然に手にすることができた好機という意味になります。

そしてこの場合「望ましい結果になる可能性がある機会」というニュアンスをもっています。opportunity よりも口語的な語になります。

例文:
This party will be a great chance to meet new people.
このパーティーは新たな出会いの素晴らしいチャンスだ。

The criminal person were watching for a chance to escape.
その犯人は逃亡の機会をうかがっていた。

また、次のように自然災害や天候などの、不確かに起こるような
「機会」にも使われます。

When is the next chance of the snow in Nagoya ?
名古屋で次の雪が降る機会はいつでしょうか?
 

 

③ occasion :特定の「とき、場合」。タイミングによるもの

ある特定の「時、場合」を表し、何かしらの行動をとるのに適した「機会」という意味。

「…の場合に、…の時に」という意味で用いる場合には、特定の「時」を示す前置詞の「on」を使います。 on the rare occasion

opportunity よりもいっそう強く行為を引き起こす、決定的な時期を暗示するケースの多い語です。偶然性が含まれることはめったにありません。

例文:
I'm saving all my money for a special occasion.
特別な場合に備えて、すべてのお金を貯金しています。

You should take this occasion to introduce yourself to him.
あなたは、この機会を利用して、彼に自己紹介をするべきです。

Funerals and weddings are the only occasions I get to see my relatives anymore.
最近では親せきに会うのは葬式と結婚式のときだけだ。 

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:68398 t:9 y:56