スポンサーリンク   トップ形容詞necessary, essential, indispensable

necessary, essential, indispensable「必要な」

普段の会話でときどき「必要な」という意味の語を使います。
多くの場合は助動詞の need を使って話すのですが、「必要な○○」と
いう形で、名詞を修飾する形容詞として使うことも多いです。

今回は necessary, essential, indispensable の3つの類義語について、
その違いと使い方、使い分け方について学習しました。

necessary


 

necessary : 「必要な」を表わす一般的な語

「必要な」という意味を表す最も一般的な語になります。

何かをするのに必要な条件や項目を表す単語と結びついて使われる場合
が多いです。必要な関係、必要な条件、必要な技、必要な段階・・。

例文:
・It is necessary for you to go.
 君は行く必要がある。

・He makes necessary changes.
 必要な変更を加える。

・I know other necessary items.
 私はその他の必要事項を知っています。

essential : 条件成立のために必要である

necessary よりも強い意味をもっており、安全や健康であるために、
あるいは成功するためには絶対にそれが必要である」というような
ニュアンスをもった語となります。

原料や要素、特徴や条件など、必要不可欠である要素について表わす
言葉と結び付くケースが多い。

例文:
・He hasn't achieved the essential things.
 彼は当たり前の事ができていない。

・This perfume is made from essential oils.
 この香水はエッセンシャルオイルを原料としている。

・She wrote out the essential duties.
 彼女は必要業務を書き出した。

indispensable : 実行するために必要不可欠な

とても重要度の高い「必要な」を表し、もしもそれがなければ「何かを
達成したり存在するのが困難となる」という意味合いとなる語。

essential と比べた場合、条件が成立するしないではなく、明確な行動
や動作などがあってそれに対して「絶対に必要な」こととして使われ
ます。必要な道具、必要な手段などのような、特定の行為に関連する語
と結びつくケースが多いです。

例文:
・He is indispensable to me.
 彼は私にとって必要不可欠な存在です。

・Everyday physical exercise is indispensable to your health.
 毎日の運動が健康には不可欠である。

・She is quite indispensable to our company.
 彼女はわが社にとって欠くことのできない人材です。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:8181 t:21 y:13