トップ名 詞material, substance, stuff 

material, substance, stuff「材料」違い、使い分け

「物質、材料、原料」の意味をもつ類義語はいくつかあります。
よく知られて使われているものとしては material, substance, stuff

何となく違いをわかって使っているつもりでしたが、もう一つ自信が
なかったので、その意味の違いと使い分け方について、まとめてみま
した。

material

① material : (何かの材料となる)素材、材料

material は「物質、原料、材料」、あるいは「素材、生地」といった
意味を持つ語で、一定の種類や性質、分量を持っており、特に何かの
材料となる物質を表します。

例文:
・This is a house built of good materials, isn't it ?
 これは良い材料で建てられた家ですね。

・This material is weak to heat.
 この物質は熱に弱いです。

・I bought material to make a dining tablecloth.
 私は食卓のテーブルクロスを作るための生地を買いました。

 

② substance : (化学的/物理的性質を示す)物質

substance は「物質、個体、材料」という意味で使われる語で、物質を
構成するための要素となるもの。化学的または物理的性質を持っており、
物を構成している同じ物質の集まりを表します。

例文:
・Uranium is one of radioactive substances.
 ウランは放射性物質の一つである。

・Subsulfate is the substance that causes another substance to reduce.
 亜硫酸塩は還元する能力をもつ物質です。

・I found that the substance converts to an acid.
 私は物質が酸に変わるのを見つけた。

③ stuff : (色々な物を構成する)材料、要素

stuff は一般的にものやある事を示す場合に使われ、意味としてはそれら
を構成する要素や材料を示します。

material は「材料」と意味が限定されるのに対して、stuff は様々な場面
で活用される語になります。日常会話などでは materialsubstance
代わりに使うことができます。

例文:
・Are you going to buy the stuff to make the birthday cake ?
 誕生日ケーキの材料を買うの?

・I'm going shopping today. I have to get some stuff.
 今日買い物に行くよ。ちょっと買ってこないといけないものがあるから。

・Novel is one of the stuff that dreams are made on.
 小説は夢が作り出される材料の一つです。
 

◆トップへ戻る
a:8582 t:9 y:13