トップ形容詞many, much, a lot of

many, much, a lot of「多い」違いと使い分け

今回は形容詞「多い」の3つの同意語の違いについてです。
あまりにも良く使う語の、初歩的なことの復習になります。

可算名詞:数を数えることのできる名詞
     車(car)→ many cars

不可算名詞:数を数えることのできない名詞
    お金(money)→ much money

① many :(可算名詞を修飾する)多い

例文
Many people suffered from allergies.
多くの人がアレルギーで苦しんでいた。

 

② much :(不可算名詞を修飾する)多い

例文
He doesn't have much money and her daily life is so simple.
彼は金持ちではないし、日々の暮らしはとても質素だ。

③ a lot of :(可算名詞、不可算名詞の両方を修飾する)多い

例文
A lot of people support the new prime minister.
多くの人が新しい首相を支持している。

many は可算名詞、much は不可算名詞、a lot of はその両方を修飾します。特に manymuch は平叙文で用いる場合には、比較的フォーマルな感じになります。

これに対して a lot of とか lots of は口語的な語句になります。

一緒に使う名詞関係を見てみると、
many の後ろには people 以外は casesrespect

そして much の後ろには attention(注意)、effort(努力)など、少し堅い言葉が来るのが多いです。

a lot of の方は money, time, work, thing などの日常語がきます。
そのことからも、その違いがわかります。

many との共通語としては、people の頻度が高くなっています。
これは many people という言い回しで一般的に「よくあること」を表現する際、多く使われるからです。

これに対して mucha lot of の場合には、共通語は money と time、お金と時間は本当に会話に良く出てくるトピックですね。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:36080 t:6 y:4