トップ動 詞kill, murder, slaughter

kill, murder, slaughter「殺す」意味違い、使い分け

ニュースではよく kill という単語が使われて、murder という単語はあまり出てこないように思います。

一方、ミステリー小説などでは逆に murder の方が出てきて、killという単語は少ないように感じています。

さてこれらの同じ「殺す」という二つの単語ですが、何が違うのでしょうか?

今回は「殺す」の類義語のニュアンスの違いと使い方について、まとめました。


kill : 「殺す」という意味の最も一般的な語

kill は、「殺す」「生命を奪う」という意味の最も一般的な語です。その内容に関しては何ら特定するような部分はなく、単に人や動物、植物など生き物の命を奪うときに使われます。

人や動物、病気や事故、災害なども主語となり、murder のような殺意の有無は関係ありません。ちょっと変わった使い方としては、kill time(暇つぶしをする)という表現もあるので覚えておきたいものです。

例文:
I first killed a frog when I was seven years old.
わたしは7歳の時に初めて蛙を殺した。

I read it to kill time.
わたしは暇つぶしにそれを読みます。

 

murder : 人を殺す

murder は、「人を殺す」という意味です。悪意をもって意図的に人を「殺す」ことを表し、特にそれが違法に行われた場合に使われます。

例えば、戦場において敵を殺すという行為は kill になり、違法とはなりませんが、降伏した捕虜を殺すという行為は murder となり、国際法上違法な行為となり、罰せられることになります。

例文:
He is in jail for murdering his parents.
彼は両親を殺したので刑務所に入れられている。

She murdered her husband for the money.
彼女はそのお金のために夫を殺害した。

slaughter : 家畜や動物を食用にするために殺す

主に家畜や動物を食用にする目的などで、解体処理することを意味します。

人を殺すという意味で使った場合は、人を野蛮な方法で「虐殺する」という意味になり、特にその暴力的な(虐殺の)方法が強調されることになります。

例文:
The lambs were slaughtered for market.
子羊たちは屠殺され市場に出された。

The terrorists ruthlessly slaughtered dozens of children.
テロリストは情け容赦なく多くの子供を殺した。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他 


a:12220 t:10 y:8