スポンサーリンク   トップその他its と it's の使い分け

its と it's の使い分け

itsit's の違いを知っているでしょうか?
何気なしにその違いを意識していなくて、本や会話で出てきたときに
迷ってしまうという方も、おられると思います。

また、すでに知っていて「何だそんなこと・・」と思われる方は、読み
飛ばしてください。

非常に簡単なことですが、実は英語を再学習し始めた頃は、その
「何だそんなこと・・」がわかっていなかったのです。

そういうケースを考えて、ここで改めてその違いや使い分けについて、
整理してみました。

それ

its : その(所有格)

何を隠そう、its は代名詞 it の所有格を意味します。
(隠す必要はまったくありません!)
名詞の前に置いて、修飾語として使います。

そして、アポストロフィをつけないで書くのが正しい使い方になります。
it's と間違ったり混同したりしないように、注意してください。

例文:
・The dog licked its paws.
 その犬は自分の足をなめた。

・The airline canceled its early flight to Hong Kong.
 その航空会社は香港行きの早朝便を欠航した。

it's : それは~

こちらの it's は、「it is ‥」、あるいは「it has ‥」の短縮形です。
こちらは常にアポストロフィを付けて使いますので、its と間違わない
ようにして下さい。

例文:
・It's snowing outside.
 外は雪が降っている。

・It looks like it's going to rain.
 雨が降りそうです。

 この It'sIt is の短縮形です。
 it は天候を表す特別用法です。

・There, it's done!
 やれやれ、これで済んだ。

・It's been years since I've visited New York.
 わたしがニューヨークに行ったのは何年も前のことです。

 この It'sIt has の短縮形です。
 こちらの it は時間を表す特別用法です。

※省略を表すアポストロフィの有無に注意をしましょう!

 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:1543 t:1 y:5