トップ動 詞interpret, translate

interpret,translate「通訳する」意味の違い、使い分け

職業や小説などでたまに耳にすることがある、「通訳する」という意味の同意語。今回は interprettranslate の2つについてです。

いろいろなところで見たりするので、何となく違いがイメージできているのですが、それは日本の中での受けた印象。

正しいのどうかわかりませんので、きちんとその意味の違いと使い分けについて、整理してみました。


① interpret : 通訳する

 
interpret

interpret は話し言葉で、人が話した言葉を別の言語に置き換えることを意味します。

「通訳する」という意味で、「相手がその意味を理解できるように」という部分にフォーカスした語です。

余談ですが、
interpreter は、話し言葉を翻訳する人=「通訳者」ですが、コンピューターのプログラム言語の一つ、BASIC言語は人のわかるプログラムを、コンピューターがわかる1/0の
言語にリアルタイムに翻訳・実行する言語で、インタープリターと呼ばれています。(一気に変換するタイプはコンパイラー)

機械がわかるようにする・・です。

例文:
Could you interpret to me what she sajd ?
彼女が言ったことを通訳してもらえますか?

I interpreted for the ambassador when he visited China.
私は大使が中国に訪問した時に通訳をした。

An interpreter has to translate on the fly.
通訳者はその場その場で翻訳をしないといけない。

 

② translate : 変換する/翻訳する

translate

translate は「一つの言葉から別な言葉に変換する」という意味です。

「意味がわかるように」という部分ではなく、「変換する」という部分にスポットがあてられています。

「翻訳する、通訳する」のどちらの意味でも使えますが、もっぱら書き言葉で、文章などを他の言語に「翻訳する」というときに使われることが多いです。

余談ですが、
SF小説では、未来の主人公が異星人と会ったときに、箱型の装置を前に出して相手と会話をしていました。そしてその箱はトランスレーター(言語変換装置)と呼ばれていたのを思い出します。

例文:
He translated the book from Chinese to English.
彼はその本を中国語から英語に翻訳した。

I translated for the ambassador when he visited Japan.
私は大使が日本に訪問した時に翻訳をした。

A translator has to have strong writing skills.
翻訳者はしっかりとした書く技術を持たないといけない。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:286 t:1 y:2