トップ動 詞hear, listen to

hear, listen to「聞く」意味の違い、使い分け

以前、読み上げられる英文を聞いて質問に答えるようなテストのことを、「ヒアリングテスト」と言っていました。

また、いろいろなところで「ヒアリング力」が不足とか、あるいは十分などと言うような言い方もしていました。

しかし、現在は「ヒアリングテスト」ではなく「listening test」と言うように変わりました。

外国語学習でいう日本語の「ヒアリング」は、英語では listening と言うことなのです。

むしろ hearing は、「聴力」などの意味で使われているようです。
He is hard of hearing.
彼は耳が遠い。

今回は、hear および listen to の違いを学習します。


hear : (自然に)聞こえる、聞く

聴覚を表わす言葉の中では最も一般的な意味を持っていて、「見る」の see と同様に、「聞く」という自覚しての行為から、「聞こえる」と自覚なしでの行為まで、幅広い意味を表します。

ちなみに、I can't hear you. は「あなたの声(話し)が聞こえない」という意味になります。

例文
I've heard that story four times before.
その話は前に4回も聞いたよ。

Can you hear me ?
(電話などで)聞えますか ?

Raise your arm when you hear the sound.
その音が聞えたら、手をあげて下さい。

I hear (that) he has recently got married.
最近、彼は結婚したそうだ。

 

listen to : (意識的に聞こうとして)耳を傾ける、聞く

「見る」の watch に対応し、意識的な行為を表します。

音楽を聴いたり人の話を聞いたりする場合のように、ある程度の時間、対象に注意を向けているというニュアンスがあります。

そこから「耳を傾ける」という意味合いになっています。

したがって、「私の話を聞きなさい」という意味では、Listen to me. が正しくて、Hear me. とは言いません。

例文
I usually listen to music when I exercise.
いつも音楽を聴きながら運動しています。

I listened hard, but heard nothing.
耳をすましたら何も聞えなかった。

Let's listen to the music one more time.
もう一度その音楽を聞いてみましょう。

My father was listening to jazz on the radio.
父はラジオでジャズを聴いていた。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:19423 t:1 y:10