トップ動 詞handle, treat, deal

handle, treat, deal「扱う」意味の違い、使い分け

今日は「扱う」の類義語です。handle, treat, deal の3つ。
日本語訳すると同じ意味を表す単語ですが、その意味するニュアンスはかなり違っているので、実際に会話するときの使い分け方などについて整理してみました。


handle : 自分の手で取り扱う

handle

・(自分の手で)操作する
・(道具等を )使いこなす
・(人や問題を)取り扱う
・(商品を  )さばく
などのように、いろいろな意味がありますが、主とする意味合いは自分の手で処理するということを表す語になります。ただ手に触れるというだけでなく、それを自分で扱いこなすというニュアンスをもちます。

例文:
I knew I had handled the matter badly.
私はその事を下手に扱ってしまっていたのを知った。

Please do not handle the exhibits.
展示品に手を触れないでください

Some customers are quite difficult to handle.
いく人かの顧客は本当に扱いがむずかしい。

This computer handles all our billing.
請求書の作成はすべてこのコンピュータがやってくれます。
 

 

treat : (人、物の扱い方を示す)扱う

treat

「人や物事を扱うときの姿勢や具体的なそのやり方」の部分を意味しての、「扱う」 という表現になります。

例文:
She treats me like one of the family.
彼女は私を家族のように扱う。

He treated the subject very briefly.
その問題をごく簡潔に論じた。

Please treat this information as completely confidential.
この情報は完全な秘密裡に処理してください。

She had the gift of making work a treat.
彼女には仕事を楽しいものにする生まれつきの才能があった。

deal : うまく処理する

うまく「扱う、処理する、関係する、取引する」という意味の単語。もともとは「切って売る」という意味の語で、トランプのディーラー(分配する人)、カーディーラー(車の販売者)というように使われています。(商品)を扱う=売ったり買ったりする。

例文:
He's hard to deal with.
彼は扱いにくい。

I'll deal with this issue.
私はこの問題に対応します。

This is the first movie that deals with the tragedy.
これはその惨事を扱った最初の映画である。

Most travel agents do not deal directly with these companies.
ほとんどの旅行代理店は、これらの会社と直接取引をしていません。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:1629 t:3 y:17