スポンサーリンク   トップ名 詞guest, visitor

guest, visitor「来客」意味の違い、使い分け

「来客」という意味で使われる2つの類義語、guest と visitor.
その意味の違いを明確に説明できるでしょうか。

ある会社で記念パーティや発表会などのイベントがあるとき、来場いただく方のために名札を準備したりすることになります。その場合、「お客様」という意味でどのような英語の名札を用意するでしょうか。

「Visitor」でしょうか、それとも「Guest」でしょうか。あるいは両方を用意して、相手によって使い分けるでしょうか。

今回はこの2つの類義語の意味の違いと、使い分けについて整理してみました。


guest : 招待客

招待客

guest は通常、招待されれた客に対して使われます。
個人的に歓迎される人を指し、招待した側は彼らのことをあらかじめ心得ており、一般に比べてより歓迎されもてなされる意味合いがあります。

また、レストランやホテルの客は、別に招待された訳ではないのですが、「もてなし」を受ける側となるため、同じように guest と呼ばれます。

例文:
・The guest stayed at the hotel for two days.
 その客は二日間そのホテルに滞在した。

・I was a guest at my friend's wedding.
 私は友達の結婚式に出席した。

・I placed the guest at the seat of honour.
 客を上席に座らせた

・I felt as if I were an uninvited guest.
 私は自分が招かれざる客のように感じた。

visitor : 訪問客

訪問客

visitorは、家や会社、公共の場にやってくる訪問客を意味します。
仕事や社交、観光などを目的としたホスト側が招待しなくても来る人で、その人自信の目的のために人や場所を訪れる人を指します。

guest に比べて、自分の方から来るというニュアンスが強く、会社などでは内部の人と外部の人を識別するのに用いられたりする語です。

例文:
・There was another visitor besides me.
 わたしの他にもお客さんがあった。

・I recommended the new camera to a visitor.
 私は新型のカメラを訪問客に薦めた。

・She is a frequent visitor to Tokyo.
 彼女は東京を良く訪れます。

・We had an unexpected visitor yersterday.
 昨日不意の来客があった。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:467 t:3 y:3