トップ前置詞from, since

from, since 「~から」の違い

 ここでは「明日から」という表現を題材に、since と from 、until と to
 について、その違いや使い分けについて整理してみます。

 わかっているようでわかっていなかったりする場合もあるので、迷わずに
 言えるようによく確認しておきましょう。

 さて「明日から」という表現は会話の中ではよく出てくると思いますが、
 すぐに迷わずにスパッと言えるでしょうか?

 一瞬「ウッ」と思いつつ since tomorrow と言いますか?
 それともどちらかと言うと・・と思いつつ from tomorrow と言いますか?

 この部分は学校で明確に説明してもらった記憶がないので、わたしもいつも
 悩みつつ from を使っていました。

正解は

 ですがこの際・・ということでよく調べてみたら、
 since tomorrow   ×
 from tomorrow    △

 ということでした。

 from now というのはよく使われているのですが、from tomorrow はどちらか
 というと、完全に正しい表現と言う訳ではないようです。

 イギリス英語: from tomorrow = ○
 アメリカ英語: from tomorrow = △

 ということでした。

 アメリカ英語では、
 starting tomorrow あるいは bigining tomorrow
 という言い方をします。

〈例〉There will be an investigation starting tomorrow.
   (明日から捜査があるでしょう)

 

使う場所

 従って文法の違いにあまりこだわらず、友人と楽しく会話をするという場なら
 from tomorrow
 は良しとして使ってよいけど、ビジネスなど official な場では使わないよう
 にした方が良いですね。

 starting tomorrow に慣れておく方が良いですね。

since

 ちなみに since ですが、確かに「から」「~以降」という意味がありますが、
 「現在完了形とセットで使う」と覚えるようにすると良いでしょう。

 過去完了形でも使いますが、'現在形や未来形では使いません'''

 since tomorrow = ×  未来のことなのでおかしい
 since yesterday = ○  OKです

 since - until -  日、時、期間
 from - to -    距離、位置(ポイント)

 sincespecific time in the past, that continues into the present
 とあるように
 「過去の特定の時から、現在まで続いていること」を表しています。
 (ある時点から現在まで:幅がある)

from

 特定の「点」のみを示します。流れも方向もありません。
 単なる「スタート地点」になります。
  (出発点としての特定の時間または場所:点のみ)

〈例〉昨日から現在までここで働いている。

 I have worked here since yesterday.  ○
 I have worked here from yesterday.  ×
 I have worked here at 3:00.       ×

〈参考〉
 He works there from nine to five.    ○
 彼は9時から5時までそこで働いている。

 これは現在の習慣/反復動作なので〔現在形〕を使っています。
 since では × です。

 英語の会話レベルが上がってくると、いろいろと気になり出しますよね!
 

◆トップへ戻る
a:72382 t:60 y:44