トップ名 詞friend, acquaintance

friend, acquaintance「友人」意味の違い、使い分け

今回は「友人、知人」という意味の単語、friendacquaintance.
意味やニュアンスの違いは何となくわかるのですが、その使い分けなどについてあらためて文章で整理してみました。


friend : 友人

friend

一般に friend は「友人/友達」という意味で、同じ感情や関心を共通に持っている人を指す言葉。多くの時間を一緒にいたり話したりするような親密な関係の相手をいいますが、英語の friend は表す対象が広いので、単なるご近所さんやそれほど親しい仲でなくても friend が使われるようです。

また、意味合いの異なる使い方になりますが、実際には親密な関係ではなくても、「味方」や「支持者」「援護者」という意味で、friend が使われることもあります。

友達は何人かいるのが普通ですから、
「私の友人(の1人)」という場合には一般に
a friend of mine / one of my friends
のように言います。
一方、my friend という場合には、特定の友人を指す場合が多いです。

例文:
A friend in need is a friend indeed.
困ったときの友こそ真の友。《諺》

Maggie is a very good friend of mine.
マギーは私のとても良い友人です。

He and I are divorced, but we are still friends.
彼と私は離婚していますが、今でもお友達です。

I believe that she is a friend of the poor.
彼女は貧しい人達の味方であると私は信じています。
 

 

acquaintance : 知人

acquaintance

acquaintance は「知人、知り合い」という意味で、特に仕事などの関係で知っているけれど、友人ほどには親しい間柄ではないような人を指す言葉になります。acquaintance の反意語は stranger「見知らぬ人」です。

例文:
A chance acquaintance is a divine ordinance.
偶然の出会いは神の定め。(袖すり合うも他生の縁)

Her acquaintance runs a grocery in the country.
彼女の知人が田舎で雑貨屋を経営しています。

Mr. Collins is an acquaintance rather than a friend.
コリンズ氏は、友人というよりは知人になります。

Tony has a wide circle of acquaintances, but almost no friends.
トニーは知人としての交際範囲は広いけれど、友達はほとんどいません。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:494 t:1 y:0