トップ形容詞foolish, stupid, silly

foolish, stupid, silly「ばかな」意味違い、使い分け

「バカとアホの違い」、あなたはわかるでしょうか?
もしも外国人の人に質問されたら、うまく答えれますか?

「この前、ばかな間違いをしてしまった!」
と言いたいとき、あなたはこの「ばかな間違い」の部分を、どういう英単語を使って話すでしょうか?

何となくわかっていても、このように厳密に言われると、明確に答えれないということがわかりましたので、今回はこの「ばかな」という意味の同意語について、違いと使い分けをまとめました。

foolish : 賢明な判断ができない

ある事柄が引き起こす結果について、賢明な判断ができないような愚かさを意味しています。ズバッというと頭が悪くバカっぽい人。バカというより「アホ」に近いようです。

何かしら悪い結果を伴う可能性のあるもの、例えば
thing 事, dream 夢, risk 危険, idea 考え
などを形容することが多いですね。

また stupid と比べると、やや改まったケースで用いられます。
どちらかというと、このあとに出てくる silly と同じようにソフトで軽い表現で。

例文 :
I've met some foolish men in my life but you take the cake!
これまで馬鹿な男には何人かあったが、君は断トツだ。

 

stupid :人をいら立たせる愚かさを意味する

分別ないために悪い結果を引き起こし、周りの人をいら立たせてしまうという意味。本当に愚鈍で頭の悪いバカ・・ということかな。

警告として使う例も多く、強い調子で少し怒りを含んだ「バカ・・」になります。いちばん一般的に、多く使われる語です。

話の内容から、人(boy)や物(thing)まで形容することができるようです。

例文 :
There's no such thing as a stupid question.
ばかな質問なんてありません。

silly : 良識・分別がない

分別が真剣さが足りないために、あとに困惑をもたらすことを表します。
子供じみていたり、ばかばかしくておめでたくなってしまうようなケ-スで使います。

バカというよりは「アホ」というニュアンスで、さらには「お前、少し変わってるなー」というように、どちらかと言うとソフトな言葉。

対象:
thing 事柄, girl 人, game ゲーム, question 質問, joke ジョーク
などについて、幅広く用いられます。

例文 :
He always asks silly questions in class.
彼はいつも授業で馬鹿な質問をする。

まとめ

idiot という単語もありますが、「まぬけ」という意味も加わって、foolish よりはキツイ語になります。

言い方がきつい順に並べると、
idiotstupidfoolishsilly
というようになります。

stupid の方が foolish よりもきつめの語になりますが、意外にも使う頻度としてはかなり高いようです。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:67085 t:8 y:9