スポンサーリンク   トップ副 詞first, first of all, at first

first, first of all, at first「初めて」違いと使い分け

会話の中で「まず始めは~」「初めて~です」「最初は~だった・・」
というような表現は良く使うことと思います。昨夜のオンライン英会話
でも使ったのですが、at first に少しだけ「?」を感じました。

ここの使い分けコーナーであらためてやるような内容ではないかも知れ
ませんが、少しでも「?」と思う部分があると、すぐにそう思ったタイ
ミングに復習するのが一番記憶に残るやり方と思っていますので、素直
に確認をしました。


① first: まず始めに、(文中で)初めて ・・・する

 ■問題1:
 まず次の問題を考えてみてください。
 文法を良く理解していないとすごく迷うような気がしますね。

 1)I'll never forget the day we ( kissed first / first kissed ).
   わたしたちが初めてキスをした日のことを、決して忘れません。

 いかがでしょうか?

 解説:
 まず first についてです。その意味としては2つあり、「まず始めに」
 と「(文中で)初めて・・する」です。

 first が文の最初か最後に置かれた場合は、「まず最初に」という意味で
 使われることになります。

 例文: First I had to take medicine.
    まず始めに、薬を飲まなければならなかった。

 問題1の「初めてキスをした日」のようなケースは、「初めて~する」
 という意味合いですから、first は”文中”で一般動詞の前に置かれること
 になります。

 従って 問題1の答えは「 first kissed 」となります。

② first of all / At first: まず初めに/最初は

 ■問題2:
 次の問題です。いつも気楽にサッと使っていますが、こうやってよく考
 えてみると、これも少し迷いそうな気がします。

 2)( First / First of all / At first ), I thought she was crying,
  but she was not.
  最初は彼女は泣いているのだと思った、しかし泣いてはいなかった。

 さて、違いがわかりますか?

 解説:
 次は first of allAt first についてです。

 first of all ですが first の「まず始めに」と同じ意味合いで使われます。

 しかしその違いは、first of all はこの first の使い方での強調形となり
 ます。そして普通は文の最初に置かれることになります。

 例文: First of all, I want to say that I am not happy with that.
    第一に言いたいこと、私はそれに満足していないということだ。

 次に、
 at first ですが、「最初は」という意味で使われますが、実はその裏に
 は「しかし、そのあとは…」という意味合いが含まれています。

 従って、問題2の「最初は泣いていると思ったのですが、実は泣いてい
 なかった」ですから、 問題2の答えは「 at first 」となります。

 そしてこのようなケースの場合、at first に続く文のあとに通常は、but
 や then, later といった語が続きます。

 いかがだったでしょうか?
 本当にこのニュアンスの違いをわかって、使い分けていくというのは
 結構大変なことですよね!

 でもそれができるようになると・・、中級の仲間入りができるのだと思
 います。

 ■読まれている副詞 ベスト:こちらは大丈夫ですか?
  ・~もまた     also, too, as well
  ・多分       probably, perhaps, maybe 
  ・おおよそ、約   about, around, approximately
  ・実は、実際は   actually
  ・その上      besides, moreover, furthermore
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:119038 t:122 y:148