トップ形容詞few, little, scarce

few, little, scarce「少ない」意味の違い、使い分け

今回は形容詞「少ない」の同意語で、few, little, scarce の3語です。

fewlittle は何回か取り上げていますが、今回は scarce との対比です。何をいまさらという感じですが、復習兼ねて意味の違いと使い方、使い分け方を整理しました。

乏しい

few : 「数」が少ない

few は、可算名詞(数えられる名詞)の複数形と一緒に使って、その「 が少ない」ことを表します。

例文:
There're still a few more.
まだ少しはある.

Few people know it.
それを知っている人は少ない。

He has few acquaintances.
彼は知り合い関係がわずかだ。

 

little : 「量」が少ない

little は、不可算名詞とともに使って、その「 が少ない」ことを表します。

a few … のように前に a がつくと、肯定的に「少しの …」の意味となり、「ある」ということに意味の重点が置かれます。

しかし、a がつかない few の場合は、否定的に「ほとんど …ない」の意味となり、「ない」ということに意味の重点が置かれます。

例文:
It's been a little while since I've seen Jim.
少し前にジムにあった。

I have very little knowledge of physics.
わたしの物理学の知識は貧弱なものです。

There is little hope of Tony's recovery.
トニーが回復する見込みはほとんどない。

scarce : 減少して乏しい

必要なものあるいは有用なものが、減少したこと、少ない状態にあることを表し、さらにまだその需要があることを示しています。

このことから、以前は豊富にあったものが、現在は少なくなってしまったというニュアンスをもちます。

例文:
I feel that my knowledge is scarce.
わたしは自分の知識が乏しいと感じます。

Water is scarce in this area.
 この地域はでは水が不足している。

It is impossible to satisfy unlimited wants with scarce resources.
乏しい資源で限りのない要求を満たすことは出来ない。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:6388 t:1 y:9