トップ形容詞false, fake, forged

false, fake, forged「偽の」違い、使い分け

オンラインレッスンで趣味のことを話すとき、よく fake を使います。

フライフィッシング(実はテンカラ)が趣味なので、本物のエサを使わず毛鉤を使っていると話し、ほとんどの人が毛鉤のことを知らないので、fake insect(偽の昆虫)と言って説明しています。

falseside by side のテキストを使うとよく使います。
問題の解答例に対して、false / true を使って返答するので 。

さて今回の形容詞false, fake に加え、forged の3語の使い方を整理しました。


false : 正しくない

「誤りの」という意味では最も広く用いられる語です。

wrong(誤った)という意味では
false start(始まり), false pride(誇り), false impression(印象), a false report(報告)などのようによく一緒に使われます。

not real(偽りの)という意味では
false teeth(入れ歯), a false name(偽名), false information(いんちきな情報), false alarm(誤報)などがfakeと同じように用いられます。

また、
pretence は under false pretences というフレーズで「騙されて」という意味になります。

例文:
We had another false alarm at school today.
今日、学校でまた誤報があった。(いたずらなどで)

How many false starts does it take to eliminate a runner from the race ?
ランナーは何回フライングをすると失格になりますか?

 

fake : 相手をだます目的の

相手を騙すという意味で「本物そっくりの」という意味です。特にうしろには価値の有るものがきます。

例えば、fur(毛皮) , pearl(真珠)のような jewelry(宝石類), antique(骨董品)なども fake とよく結びつきます。

そのほかに相手を騙すという意味では bomb(爆弾), accent(なまり)などもきます。偽の tan(日焼け)というのも面白いですね。

例文:
I gave here a fake pearl necklace but told her they were real.
わたしは模造真珠のネックレスを本物だと言って彼女にあげた。

I think fake tans are repulsive.
わたしは偽の日焼けなんて大嫌いだ。

forged : 公的性格のものが偽造された

より堅い単語で特に公文書(official document)や手形、紙幣(banknote)などが不法に「偽造された」という意味で使われます。

したがって、結びつく語は check(小切手), ticket(チケット、切符), passport(パスポート)などの、公の性格の強いものが多いです。

例文:
The forged documents were presented to CBS News as authentic documents.
CBS NEWSに偽造文書が本物の文書として持ち込まれた。

The forged banknotes were rejected by the bank.
偽造紙幣は銀行で受け取りを拒否された。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:7648 t:1 y:0