トップ形容詞equal, identical, equivalent

equal, identical, equivalent「同等の」使い分け

ときたま普段の会話で出てくる「同等の」という英単語。equal, identical, equivalent の3つの同意語がありましたので、今回はその意味の違いと使い分け方について、学習しました。

同等の

equal : 大きさ、数量、価値、程度などが等しい

大きさや数量などの点において、同等であることを基本的な意味としています。そこから給料や手当て、おこづかい、権利などが同等であるという意味へ拡張していってます。人から与えられるものであるという類似点があります。

例文:
We are equal partners.
わたしたちは対等な立場です。

They are equal in ability.
双方の伎倆は互角である。

I give my kids an equal amount of allowance money every month.
わたしは子供たちに毎月平等な額のお小遣いをあげている。

 

identical : まったく同じである

「まったく同じ(exactly the same)」をその基本的な意味としています。まったく同じ、相等しい、同質の、一致する、一分一厘も違わない、うり二つの、そっくりの、一卵性の・・というような意味。

例文:
There are no two persons with identical faces.
同じ顔は一つとしてありません。

No two words are identical in meaning.
全く意味の同じ言葉はありません。

His chair is identical to mine.
彼の椅子はわたしのと全く同じです。

equivalent : 特に価値、質、量、意味などが同等である

とくに価値や量の点で同等であることを表わす傾向があります。equal は数値的、数学的な評価で同じというニュアンスですが、equivalent の場合は、数値などの額面自体が同じということではなく、最終的な価値や効果、影響度などが同じであるというニュアンスに
なります。

例文:
We had equivalent revenue figures last year.
わたしたちは、去年は同額の収入がありました。

Her request was equivalent to an order.
彼女の依頼は命令に等しかった。

These two words are equivalent in meaning.
この 2 語は意味が等しい.

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:12880 t:2 y:14