トップ動 詞enter, go in, get in

enter, go in, get in「入る」違いと使い分け

さて今回は、「入る」という意味の動詞の同意語です。

これらの単語もとてもよく使いますね。いろいろな場面で出てきます。
どうだったったかな?・・と考えながら言うことにならないようにしておきたいですね。

enter, go in, get in と3つ出てきますが、使い分けはわかっているようで実ははっきりしていない部分があったため、あらためてまとめました。


① enter: (物理的に) 入る / (ある状況に) 参入する

ある場所に「入る」という意味です。
部屋だけではなく、建物や地域に対しても使うことができます。

そして、さらには空間としての場所だけではなく、人間同士のやり取りがある場所、
・コンテスト competition
・契約    contract
・売買取引  market
に「参入する」という場合にも用います。

また抽象的な空間としての段階(phase)にも用いることができます。

例文:
The defendant looked nervous when he enterd the room.
部屋に入ってきたとき、被告人は落ち着かない様子だった。

 

② go in: (場所に) 入る。enterよりもくだけた表現

場所に「入る」という意味をもつ最も一般的な表現です。
enter と比べると、くだけた場合に使います。

方向や場所を表す語
・方向  direction
・店   shop
・部屋  room
・玄関  door
・場所  place
などと用いられます。

例文:
Go in the shop and ask if you can use their restroom.
その店に入って、トイレを借りられないか頼んでみなさい。

③ get in : (努力して) 入る

大小を問わずある空間
・行く手 way
・車   car
・家   house
・ベッド bed
の中に「入る」という意味があります。

ただし、go in と異なるのは、中に入るために何かしらの困難を乗り越える努力が必要になるということです。ですから、面倒(trouble)を目的語としてとるケースが多くあります。

例文:
Get in the car and don't leave until I tell you.
車に入って、わたしが声をかけるまでは出ないように。

 

go in に対し、go into という単語もあります。
少しだけニュアンス違うような気もしますが、ほぼ同じ意味のように書かれています。

明確に違いを言えないので、次のオンライン英会話のときに講師に聞いて見ます。
とりあえず、英辞郎に載っている説明を下記に記載しますので、確認下さい。

go into

【句動-1】~に入る、~に進入[加入・参加]する、~の一員となる
・Don't go into my room while I'm away.
 私がいないときは、部屋には入らないで。
【句動-2】詳しく[詳細に]述べる[論じる・議論する・検討する・
     調べる・調査する・探る]、立ち入って調べる
・I'm not going to go into this again.
 この話はもうしたので繰り返しません。
【句動-3】~に通じる、陥る、凝りだす
【句動-4】~の状態になる、~の態度を取る
【句動-5】~し始める、~に打ち込み始める
【句動-6】〔仕事に〕就く、〔事業に〕参入する

go in

【句動-1】~に入る、突入する
・Shall we go in?
 中に入りましょうか。
【句動-2】〔サイズが〕~にぴったり合う
【句動-3】(日が)沈む、没する
【句動-4】~に加わる、参加する
【句動-5】(仕事を)始める、開始する、始まる、攻撃する
【句動-6】頭に入る、理解される

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:37364 t:26 y:43