トップ動 詞drink, sip, gulp

drink, sip, gulp「飲む」意味の違い、使い分け

今日は「飲む」の同意語における、意味の違いや使い方/使い分けについてまとめてみました。

「飲む」という意味の単語には、普通に飲むというだけではなく、ちびちび飲むとか、ごくごく飲むというような表現があり、日常会話の中でもよく出てきます。

なので、次の3つの語のニュアンスの違いと使い分け方を、よく整理しておきましょう。


drink : 最も一般的な「飲む」

最も一般的な「飲む」という意味の動詞になります。
coffee, tea, milk, beer, wine などのような飲み物が入った容器から、口の中へ入れて飲むことを表します。

例文:
I want to drink some kind of drink.
わたしは何か飲みものが飲みたい。

I drink at least seven cups of coffee every day.
わたしは毎日少なくともコーヒーを7杯は飲みます。

sip : 少しずつゆっくり飲む

「ちょっとずつゆっくりと飲む」という意味になります。
ですからうしろには、熱くて一度に飲み干せないものや(coffee, tea)、高級な味わって飲むべきお酒類(wine, champaigne, brandy)などがくることが多いです。

例文:
He sat in the corner of the bar and was sipping brandy silently.
彼はバーの隅に坐って、静かにブランデーをちびちび飲んでいた。

She sipped her champagne by the window.
彼女は窓のそばでシャンパンをちびちび飲んだ。

gulp : 大量に一気に飲む

同じ「飲む」ですが、「大量に一気に飲む」という意味です。
coffeebeer などの飲み物が目的語に来ますが、この場合は downなどが一緒について、「流し込む」という感じの表現になります。

gulp for air
 空気が足りなくて慌てて息を吸う、こと
gulp back one's tears
 ぐっと無念の涙をこらえる、ということ

例文:
I was so thirsty that I gulped down my beer.
とてものどが渇いていたので、ビールを一気に飲み込んだ.

No one can gup coke faster than James.
だれもジェームズより早くコーラを飲み干すことは出来ない。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:11004 t:8 y:29