トップ動 詞discuss, talk about

discuss, talk about「話し合う」意味違い、使い分け

「話し合う」というときに出てくる英単語として、すぐに思い浮かべる
のは次の2つ。discusstalk about.

わたしが日常会話でよく使っているのは talk about で、discuss はなぜ
か「議論する」というイメージを持っているので、少し堅いニュアンス
があり、みんなでディスカッションする・・というようなときしか使っ
ていませんでした。

しかし、ピンズラーアメリカ英語では、ネイティブの人が次のような
日常会話の例文の中で discuss を使っていたので、前向きに2つの語を
使い分けるべきだと思いなおしたのでした。

そういうわけで今回は、この2つの同意語のニュアンスの違いと使い方
を、整理してみました。

A: I'd like to discuss our trip.
B: I'd like to talk about our trip.

Aの discuss を使った文の場合は、お互いが(みんなが)意見を出し合
って建設的な話し合いをするようなニュアンスです。

一方Bの方は、~について、集中して、答えを出す話し合い・・という
のではなく、とにかく「話し合うということをしよう!」というような
意味の、漠然とした話し合いというニュアンスになります。

意味としては discusstalk about なので、
「ちょっと週末の旅行について話し合おうよ」というようなカジュアル
な雰囲気の中では talk about を使い、

集中して慎重に検討し、何かの結論を出そう・・というようなオフィシ
ャルな場面では、discuss を使うほうが適切です。

 

talk about : ~について話す、~を話題にする

例文:
・My father has a lot of things to talk about.
 わたしの父は話題が豊富です。

・I don't want to talk about it.
 そんな話はしたくないです。

discuss ~を議論する、~について話し合う

例文:
・You had better not discuss the subject.
 そういう話題は議論を避けた方がいいですよ。

・The following topics are discussed in this chapter.
 この章では、以下のテーマについて説明します。
 

a:8166 t:23 y:14