スポンサーリンク   トップ形容詞different, various, diverse

different, various, diverse「様々な」意味の違い

 different は「異なる」という意味ですが、「様々な」という意味も
 持っています。

 また various や diverse も「様々な」という意味を持っているので、
 その違いや使い方についてまとめてみました。


different : 他のものと類似性が無い

 「他とは違う」という意味の最も一般的な語になります。
 具体的なものだけでなく、抽象的なものにも使うことができます。

 例文:
 ・We find different life‐styles in different countries.
  わたし達は、国が違えば生活様式も違うことを分かっている。

 ・She was no different than usual.
  彼女はいつもと全然違っていなかった。

various : 同一の類いの中の多くの種類

 一緒に用いられた名詞が複数形になっていることからもわかるように、
 同じ種類のものがたくさんある場合に使います。

 a different kind of soap は、その石鹸が他の石鹸とは違うことに
 意味の重点があり、

 various kinds of plants は、植物の種類がたくさんあることに意味
 の重点があります。

 例文:
 ・It may be interpreted in various ways.
  いろんなふうに説明されるかも知れない。

 ・We have various kinds of hats.
  私どもでは帽子は品々あります。

&deco(navy){diverse : ある範囲の中での多様性};

 一つの種類や同じ領域の中での多様性を表わしています。

 したがって culture, background, source, form などを特性や広がり
 を表わす名詞と一緒に使う頻度が高くなります。

 various forms of harassment は、嫌がらせの形態がたくさんあるこ
 とに意味の重点があり、diverse forms of plant は植物の形態は多様
 で広がりがあることに意味の重点が置かれています。

 例文:
 ・He has a diverse ability.
  彼は多彩な才能を持っている。

 ・The vigorous man is engaged in diverse activities.
  その精力的な男は様々な活動に加わっている。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:7686 t:4 y:15