トップ形容詞different, distinct, various

different, distinct, various「違う」違いと使い分け

今日は「違う」の同意語です。
different, distinct, various の3つの語。
意味の違いや使い方、また使い分け方などについてまとめました。

違う

■different : 「違う」の意味の最 も一般的な語

「違う」を表わす最も一般的な語です。
あるものが他のものと、性質や形態上で異なることを意味します。
明らかな違いは distinct を使いますが、その他の「違がある」という
ものは different で表します。

また、その対象を表す場合は、from … や than … で表されます。
名詞を前置修飾する defferent は、type, way, approach, level
いうような、様々なのカテゴリーを示すレベルの語を修飾する傾向が
あります。

例文:
Next time I'm going to try a different type of medicine.
この次は違う種類の薬を試してみます。

I am different from him.
私は彼とは違う。

They belong to different schools.
彼らは学派が違います。

 

■distinct : 明確に区別ができる

視覚的・認識的に他のものとをはっきり区別できることを表します。
different のように「違っている」という程度ではなく、同じ名前な
のが不思議と思うくらい、「はっきりと」違っている場合に使う語
になります。

例文:
A distinct type of grapes grow in this region of France.
フランスのこの地方では、独特の種類のブドウが育ちます。

Sheeps and goats are distinct animals.
羊とヤギはまったく別の動物です。

That remains as a distinct memory.
それは鮮明な記憶として残っています。

■various : 同種のものの中で差異がみられる

一つのカテゴリーに属している人達において、互いと異なることを
表すため、「様々な」という訳語がよく使われます。
differentdistinct とは異なり、名詞を修飾するときは、その名詞
は必ず複数形になります。

例文:
There are various ways to meditate.
瞑想には様々な方法がある。

I checked the various parts of something in the file.
私はそのファイルのあちこちの部分をチェックした。

It's used for various kinds of Japanese confections.
それは様々な和菓子に利用される。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:10114 t:13 y:15