トップ動 詞depend on, rely on, count on

depend on, rely on, count on「頼る」意味の違い、使い分け

今回は動詞で「頼る」という意味の同意語についてです。
depend on, rely on, count onの3つ。
意味やニュアンスの違いと使い分けについてまとめました。


① depend on : ~に頼る

depend on

口語的に広く用いられる言い方で、以前の経験のあるなしには関係なく、頼ることを意味する言葉。

例文:
I depended on him, time and again.
彼には何かにつけて世話になった。

Parents can only depend on their children.
子供たちが頼ることができる人は、親しかありません。

 

② rely on : ~を信頼して頼る

rely on

過去の事実や経験などから、相手がこちらの信頼に応えてくれると分かっている場合に用いられる言葉。

例文:
There's nothing you can rely on.
あなたが頼ることができる何もない。

I rely on you for emotional support.
あなたの精神的サポートを頼りにしています。

③ count on : ~を当てにする

count on

当てにして予定や計画などに、あらかじめ組み込むこと。

例文:
I knew I could count on you.
やはりあなたは頼りになりますね。

I feel that I can always count on you.
あなたにはいつも頼りそうな気がする。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:989 t:2 y:10