スポンサーリンク   トップ形容詞delicious, tasty

delicious, tasty「美味しい」意味の違い、使い分け

美味しい食べ物や食事のことについて話すことは多いのですが、そのときによく出てくる「美味しい」という単語、delicious や tasty。実はこれら2つの同意語を、間違って使っている人も多いようです。

今回は、この delicious と tasty のニュアンスの違いと使い分けについて、整理してみました。

delicious : 嬉しく感じるほど美味しい

delicious

delicious は食べ物の味や香りが飛び抜けて良いようなときに使われます。つまり、人をうれしくさせたり幸せにさせるような「美味しい」のときに、使われることが多い。

もともと、極めて味が良いという「褒め言葉」ですので、so delicious とか very delicious などのように、「so」や「very」を付けた言い方はしません。

また、訪問客などに自分の手料理をご馳走して、
 Is this meal delicious?
 この料理は美味しいですか?
というような疑問文で使うことはありません。

また、カフェなどで注文したケーキなどを
 This cheese cake is not delicious.
 このチーズケーキは美味しくない。
などのような否定文でも使われません。
疑問文や否定文では、good や sweet が使われることが多い。

さらに、ネイティブの人は「おいしい」と思った時に delicious は使わずに、good や nice、あるいは great や wonderful を使う人も多いようです。

例文:
・This ice cream is delicious.
 このアイスクリームはすごく美味しい。

・I know a restaurant that serves delicious food.
 私は美味しいお店を知っています。

・I want to eat a delicious meal.
 私は美味しい食事が食べたい。

・Thank you for the delicious meal.
 とても美味しい食事を、ありがとうございました。

・My mother's cooking is not very good.
 私のお母さんの料理はあまり美味しくないです。

tasty : 味が美味しい

tasty

tasty は「taste」(味、味わう)という名詞・動詞に関係する形容詞です。従って、味付けが良くて味覚を楽しませてくれる料理や風味のきいた料理などで使われます。

しかし、デザートなどの甘いものにはあまり使われません。甘いものでの「美味しい」には、delicious や good を使うのが一般的。また、tasty は delicious とは違って、very と一緒に使うことができます。

例文:
・This apple pie is very tasty.
 このアップルパイはとても美味しい。

・I thought that pasta dish was quite tasty.
 あのパスタ料理は結構美味しいと思いました。

・I had a really tasty pasta at the new Italian restaurant.
 私は新しいイタリアレストランでとても美味しいパスタを食べた。

・The food in the restaurant was not tasty.
 あのレストランの料理は美味しくなかった。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:307 t:1 y:1