スポンサーリンク   トップ名 詞customer, client

customer, client「お客」意味の違い、使い分け

「お客」という意味の英語で良く使う customerclient.
日本語でも「カスタマー」「クライアント」というように、かなり馴染みのでてきた単語ですが、微妙な違いがあり誤解しているケースもあります。

今回はこれら2つの類義語のニュアンスの違いと使い分けについて、整理してみました。


customer : 客、買い物客

customer

customer は「顧客」の意味で最も一般的に使われ、商店や企業から商品やサービスを直接購入・利用する顧客を表します。対価(お金)を支払って買い求める人々を指し、特定の者というよりは不特定多数のエンドユーザーという意味合いが強いです。

お客さん向けサービスのため部署を、カスタマーサービスセンターなどと呼んでいるケースも多いですね。

代表的な対象者:
・1回きりの不特定なお客さん
・物やサービスを購入するお客さん
・会社や企業でない一般人のお客がほとんど

基本的には1回性の付き合いなのですが、例外的に、継続的にやりとりをする銀行の口座主や保険の契約者などで、カスタマーが使われているケースもあります。

例文:
・She is my shop’s customer.
 彼女は私の店のお客さんです。

・The customer is always right.
 お客様は神様です。

・The new service allows customers to book flights instantaneously.
 お客は新サービスによって飛行機を瞬間的に予約できます。

client : 依頼人、顧客

client

client とは、専門的なコンサルティング・ビジネスにおける顧客を表し、ビジネスパートナーというニュアンスがあります。より専門的な職業のお客さんで、弁護士事務所、会計事務所、広告代理店、コンサルティング会社、ITサービス会社、建築関連会社などの顧客になります。

長期間にわたって利害関係をもつお客さんで、個人だけではなく会社や企業などの「組織」に対しても使われます。

例文:
・My client told me abou it.
 私の顧客がそれについて私に言った。

・The client are coming this afternoon.
 その依頼客は午後に来ます。

・Her client list includes many famous politicians.
 彼女の顧客リストには多くの有名な政治家が含まれている。

・The apparel company has been our client for more than 20 years.
 そのアパレル企業は20年以上、我々の顧客となっています。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:453 t:1 y:1