スポンサーリンク   トップ英単語小話customが複数になると習慣から税関に

第27話:customが複数になると習慣から税関に

 ある英単語が複数形になると、別の意味を表すことになることは珍し
 くありません。

 arm(腕)が arms になると「武器」に、
 interest(関心事)が interests になると「利益」に、
 なるのがその一例です。

 なぜこのように突然、別の意味となるのでしょうか。

 これら2つには特に関連が無い様に見えますが、実はこれらの意味の
 変化は理屈づけて考えることもできます。

 arms の場合は「腕」がたくさん集まると、大いなる「武器」へと昇華
 していき、

 interests も、いつの世も「関心事」であるお金を集めていくと「利益」
 が生じてくるというわけです。

 このように、複数形の意味が単数のものとは異なるとはいっても、
 一定の関連性を読みとることは可能です。

 ところが、custom(慣習、習慣)が複数形の customs になると、
 関連性をまったく感じない「税関、関税」という意味になってしまう
 のはなぜでしょうか。

 実は、一見すると関連性のない単数と複数の意味ですが、「慣習、習慣」
 というキーワードで、接点が生まれているのです。

 かつて、「関税」は有料道路の料金所で徴収する通行税を意味していた
 のでした。その道を習慣的に利用する人たちを対象とした税であるため、
 customs は「通行税」から「関税、税関」という意味に発展していった
 ということなのです。

 同じ「習慣」をキーワードに custom から発展していった単語には、
 習慣的に着ていた服装や衣装をさす costume があります。

 ボキャブラリを強化しようとするとき、ただ単純にそのまま単語の意味
 を暗記しようとするのではなく、それぞれの関連性や語源、いきさつな
 どを含めて覚えるようにすると、とても覚え易くて忘れにくくなるもの
 ですね。

 ■関連ページ:<英単語小話
  ・第24話:「着ている」はwear、「穿いている」は?
  ・第25話:英語では水もお湯も「ウォーター」
  ・第26話:driveは車の運転だけの単語にあらず
  ・第28話:英単語には全て単数と複数がある?
  ・第29話:パンツを誤解して大恥をかく
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:3584 t:4 y:7