トップ動 詞cry, shout, scream

cry, shout, scream「叫ぶ」意味の違い、使い分け

今回は「叫ぶ」の同意語です。
意味の違いや使い方/使い分けについて整理してみました。

cry

小説を読んでいると、「叫ぶ」という意味の語がいくつか出てきます。
cry, shout, scream など。

これら3つは同意語ですが、それぞれのニュアンスは少し違いますので、その使い分けについてチェックしました。


① cry : 大きな声で泣きながら叫ぶ

「叫ぶ」という意味で最も一般的な語ですが、shout よりは堅い語になります。

「(涙を流して)泣き叫ぶ」というニュアンスの語で、「涙を流すこと」に焦点が当てられています。赤ちゃん(baby)や子供(child)が主語にくる頻度が高いです。

例文:
・I saw a boy crying with his hands covering his face.
 私は手で顔を覆って泣いている少年をみた。

・I won't cry anymore.
 私はもう泣かない。

 

② shout : 大声で叫ぶ

「叫ぶ」という意味で最も一般的な語。
感情が高ぶったり人の注意を引こうとして大声を出すことで、「(大声で)叫ぶ」という意味を表す。「声の大きさ」に焦点が当てられている。

男(man)、群衆(crowd)のように、声の大きさをイメージさせる語とともに使われる頻度が高い。

例文:
・We heard somebody shout.
 私たちは誰かが叫ぶのを聞いた。

・Did you hear that voice shouting in the distance.
 遠くで叫び声がしたのを聞きましたか?
 

 

③ scream : 甲高い声で悲鳴を上げる

甲高い声で叫ぶことを意味しています。
つまり、恐怖、興奮、怒りなど強い感情によって悲鳴を上げることを表しています。「声の質(甲高さ)と大きさ」に焦点が当てられた語。

少女(girl)、子供(child)などが主語に来るように、「金切り声をあげて叫ぶ」というニュアンスをもった語です。

例文:
・I screamed to him for help.
 彼に助けを求めて悲鳴をあげた.

・I heard a woman scream in the apartment.
 私はアパートで女性の叫び声を聞いた。

■読まれている動詞 ベスト3
 ・行く     go, come
 ・許す     allow, permit, forgive
 ・要求する   claim, demand, require

 ・サイトマップ (アルファベット順)/( あいうえお順
 ・接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:9509 t:6 y:4