トップ動 詞crash, clash, crush

crash, clash, crush「衝突する」意味違い、使い分け

今回は「衝突する」の同意語、crash, clash, crush の3つです。
どの語もカタカナにすると「クラッシュ」になり単語の綴りも似ていて、とても混乱しやすい単語です。その意味やニュアンスの違い、会話での使い分けなどについてまとめてみました。


crash : 衝突する

crash

「衝突する、墜落する、崩壊する」などの意味を表し、二つのものが衝突して、大きな音を立てて粉々に壊れるというニュアンスになります。

物体が壊れるというイメージを伴うのが、この crash です。
crush に綴りが似ているので混乱しやすい語の 1 つ。

少しイメージが違うケースなのが、パソコンのクラッシュ。
急にフリーズして動かくなくなったりする場合に使われ、日本語の中でもよく耳にするのではないでしょうか。

また、呼ばれてないパーティーに押し掛けて勝手に飲み食いなどをして、雰囲気を壊してしまうようなときも使われたりします。

例文:
My wife crashed the plate against a wall.
妻はその皿を壁にぶつけて粉々にした。

A plane crashed when the engines stopped working.
エンジンが停止して飛行機は墜落した。

He crashed his car into a truck while driving drunk.
彼は飲酒運転中に車をトラックに激突させた。

The computer crashed when I tried to use this software.
このソフトを使おうとしたときコンピューターがクラッシュした。

 

clash : ぶつかる

clash

clash は「ぶつかる、衝突する、けんかする」という意味で、物理的にぶつかる場合は、大きな金属音を立ててぶつかるというニュアンスをもっています。「壊れる」ではなく「衝突する」にスポットが当てられている語で、ダメージが無いほうを表現します。

また、物理的な衝突だけではなく、「意見の衝突」や「競技でぶつかる」、「服などの色があっていない」といったケースにも使われます。

例文:
His sword clashed against my shield.
彼の剣が私の盾にぶつかった。

The Yankees will clash with the Red Sox tonight.
ヤンキーズは今夜レッドソックスと対戦する。

Her red shirt really clashes with her green shorts.
彼女の赤いシャツは緑のショートパンツにあっていない。

We often clash with each other because we have different ideas and values.
私たちは考えや価値観が違うのでしばしばぶつかります。

crush : 押しつぶす

crush orange

crush は、「押しつぶす」という意味になります。
「圧することにより潰す」というニュアンスの語。

2つの衝突ではなくて、何かを一方的に押しつぶしたり粉砕したりすることを表します。粉砕された状態を指したりもします。

プログラムがフリーズして動かなくなる、パソコンのクラッシュは crash の方を使いますが、実際に重量のある何かでパソコンがぺちゃんこになった場合は crush を使うことになります。

また、車の事故の多くは二つのものが衝突するので crash が用いられますが、車が大きな岩に押しつぶされるような事故の場合は、crush が使われます。

例文:
She crushed the cockroach with her shoe.
彼女はゴキブリを靴で押しつぶした。

You should crush it a little more.
あなたはもう少しそれを粉砕するべきです。

The cookies in her bag are crushed.
彼女のカバンの中に入れていたクッキーが押しつぶされている。

He always crushes his can before throwing it away.
彼はいつも缶を投げ捨てる前に潰します。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他

a:3156 t:1 y:10