スポンサーリンク   トップ副 詞completely, absolutely

completely, absolutely「完全に」の使い分け

今日は「完全に、すっかり、全く」という意味の副詞について、勉強してい
きます。

まずこの意味で使われる類義語は5つあります。上に書いた2つに加え、
「totally」「entirely」「utterly」
の3つがあります。合計で5つの単語があることになります。


使い分けを勉強する理由

 わたしはこの5つのそれぞれのニュアンスを知って、5つとも使い分けられ
 るようになろうとは思っていません。

 いつも勉強するときに考えていることは、覚えて使えるようにすべきものと、
 使えなくとも意味だけ知っておけばよいというものを、見極めようと思って
 います。

 どちらかというと正しくコミュニケーションをしたいというのが目的なので、
 会話であまり使わない文章用単語とか、フォーマルな堅い場所でのみ使うよ
 うなものは、使いこなしのターゲットから外そうとしています。

 あまりにも覚えるべき単語やフレーズが多いので、重点思考で考えているか
 らです。(わたしの場合はスピーキングですが・・)

① completely : 完全に、すっかり、全く

 質や程度が非常に著しいこと、あるいは全ての要素が揃っているという意味
 での「完全な」を意味します。必要とされる部分が全て欠けることなく備わ
 った状態で、漏れのないことを表しています。

 また、事物を構成する部分が「完備した」という状態を表すこともあります。

 例文:
 ・The pain has passed away completely.
  痛みは完全に消えた.
 ・He was completely screwed.
  彼はすっかりだまされた.
 ・I'm completely whacked.
  まったく疲れ果てた.

② absolutely : 完全に、全く、絶対に

 絶対的である、あるいは決定的であるという意味での「完全な」を意味する
 語です。

 形容詞を前から修飾し、その形容詞自体の程度を「完全に」や「全く」と
 いうように強調します。

 例文:
 ・You are absolutely right.
  ごもっともです。

 ・It's absolutely impossible for me.
  私には絶対無理だ。

 ・The sky was absolutely black.
  空は漆黒でした。

③ perfect : (過不足のない)完全な

 好ましい意味で「完全な」という意味。完全で優れているニュアンス。
 この基本的な意味より、「正確な」や「質の優れている」などのニュ
 アンスを含むこともあります。

 例文:
 ・It's perfect timing to eat this mango.
  このマンゴを食べるのに最高のタンミングだ。

 ■読まれている副詞 ベスト:こちらは大丈夫ですか?
  ・~もまた     also, too, as well
  ・多分       probably, perhaps, maybe 
  ・おおよそ、約   about, around, approximately
  ・実は、実際は   actually
  ・その上      besides, moreover, furthermore
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:15459 t:3 y:8