トップ形容詞complete, perfect, absolute

complete, perfect, absolute「完全な」意味の違い

今日は、形容詞「完全な」の同意語です。
complete, perfect, absolute の3つの語。

意味の違いとその使い方、そしてどう使い分けるかなどについてまとめてみました。


complete : すべての部分が揃っている状態

質や程度がとても著しいこと、すべての要素や部分などが欠けずに備わっていることを表し、「全くの、完全な」という意味で使用されます。「完備した」という意味を表すこともあります。

例文:
I'll send it when it's complete.
完成したら送ります。

I got a complete set of the Britannica for my birthday.
私は誕生日にブリタニカの全巻をもらった。

It is a complete success.
それは上々の出来です。

 

perfect : 完全で優れている

好ましい意味で「(過不足のない)完全な」という意味を表します。この基本的な意味から、「正確な(accurate)」「質が優れている」という意味を含んでいることもあります。(perfect timing完壁なタイミング)

例文:
I'm in perfect condition.
私は今絶好調だ。

It was a perfect fit.
服がぴったり合っていた。

It's perfect timing running into you.
あなたとばったり会うなんて、何ていいタイミングなんだ。

absolute : 修飾される名詞の程度を強調する

名詞を前から修飾する用法で使用されることがほとんどで、その名詞の程度を強調し、絶対的に「完全な」という意味を表します。話し言葉では特に抽象的な名詞と一緒に使われて、意味を強める働きをします。

例文:
My son will do his absolute best.
私の息子はベストを尽くします。

She holds absolute power over the school.
彼女は学校の全権を掌握している。

My father believes in me with absolute certainty.
父は私を信頼しきっている。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:19691 t:3 y:4