スポンサーリンク   トップ形容詞close, near, nearby

close, near, nearby「近い」の使い分け

 友人と知り合ったときに、かならず最初に聞いてします。
 「あなたの住んでいるところは、ここから近いのですか?」

 海外旅行に行ったときなどで、またまた聞いてしまいます。
 「ホテルは、空港から近いですか?」

 そしてさらに、
 「近くにお勧めできる観光スポットはありますか?」

 ・・などなど。

 友人と話すとき、観光に出かけたときなど、かならずこのような会話をする
 ことになります。考えてみると、本当によく出てくる単語ですね。

 自分では、その都度「すごく近い=close」「普通に近い=near」的なフィ
 ーリングで使い分けていました。

 しかしその違いを、明確に言葉で説明できるほどではありませんでしたので、
 今回しっかりと調べてみました。

close: 距離/関係が ごく近い

 物理的な距離が「ごく近い、接近した」状態にあることを、基本的な意味と
 しています。

 ・nearby よりも、より近い状態
 ・その物理的な接近性が、人間関係を意味している

 例: 親友      a close friend
    親しい関係   a close relationship
    近親者     close relatives   

  に拡張しています。

 例文 :
 ・Jiro has been a close friend of mine since we were child.
  次郎は子供のころからの親友です。 

  また、ある特定の使い方ですが、
    …を良く見る  take a close look at ...  

  のように、動詞から派生した名詞(look)を修飾して、
  その動作の様態(綿密に、念入りに)を表すこともあるようです。

near: 距離/時間が 近い

 位置的・時間的に「近い」ことを表しますが、
 closeのような接近性は、意識されていません。

 near future(近いうちに)という時間表現で使われることが、多いですね。

 例文 :
 ・I want to get a job in the near future.
  わたしは近いうちに就職したいです。

 また「nearest+名詞」((基点から)最も近い…)というように、最上級
 で使用される傾向もあります。

 例: 最寄駅     nearest station
    最寄の警察署  nearest police station
    最近親者    nearest relative
    直近月     nearest month

 さらに、
    もう一歩のところ(での失敗) a near miss
 という表現もあります。

nearby: 物理的な距離が 近い

 close や near とは異なり「物理的距離」のみに対してだけ、言われている
 ことが特徴です。

 nearby の目的語ですが、必然的に場所として解釈される「名詞」だけとな
 ります。

 例: 近くのレストラン nearby restaurant
    近所の店     nearby shop
    近くの病院    nearby hospital
    近くの湖     nearby lake

 例文 :
 ・Last month a new airplane crashed at a nearby river.
  先月、近くの川に新しい飛行機が墜落しました。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:57872 t:22 y:58