トップ形容詞carefree, careless, careful

carefree, careless, careful「注意して」意味違い

「注意(care-)」関係の形容詞には、同じような表現がいくつもあります。
今回は carefree, careless, careful の3つの形容詞について、その違いと使い分けについてまとめてみました。


carefree : のんきな、気ままな、楽天的な

carefree

何も気にかけることがない、または心配事がない、だから幸せを感じて人生が楽しく思えるような状態を carefree(be+carefree)と言います。子供のときを振り返ってみると、普通の子供たちはみな carefree(のんきな、気ままな)だと言えるのではないでしょうか。

例文:
・She looked perfectly carefree.
 彼女は全くのんきそうでした。

・Before her marriage she had been lively and alert and carefree.
 結婚前は明るくきびきびしていて気ままでした。

 

careless : 不注意な、軽率な、そそつかしい

careless

注意をよく払わないために、物事を「良くできない」ことを表す語としてはcareless がよく使われます。「注意(care )」が「欠けて(less)」 、「不注意な」の意味となるように、言葉にもその意味がしっかり表れています。

例文:
・Don't be careless in crossing the street.
 道路を横切るときはよく注意しなさい。

・He was careless and inefficient and drank too much.
 彼はうかつにも失敗して、飲み過ぎてしまった。

careful : 注意深い、用心深い、慎重な

careful

【be + careful】は、確実に、しかも充分注意を払って物事を行う、という意味になります。careful は careless の反対語になります。

例文:
・Be careful when you cross the street.
 通りを横断するときは気をつけなさい。

・I watched all this with the most careful attention.
 私は細心の注意を払ってこれをじっと見ました。
 

a:441 t:3 y:4