トップ前置詞by, with, in, under, on

by, with, in, under, on「~で(手段、道具)」意味の違い、使い分け

今回は、いろいろな手段や道具を表現するための、前置詞のニュアンスの違いと使い分けについてまとめました。

会話の中で手段や道具、あるいは状態について表すことは、結構、頻繁にあります。
表現しようとする対象や内容に応じて、適切な前置詞を選び、使い分けて表していく必要があります。

前置詞のマインドマップ

一覧表

by[前]方法、手段など~で
with[前]道具を用いて~で
in[前]言語/方法を用いて~で
under[前]影響、支配の下~で
on[前]状態のなかで~で


使い分けの違い

・by
ある目的を達成する手段や方法に対して使われます。
しばしば動名詞を伴います。
・I made it by using my own computer.
 自分のコンピューターを使って作りました。

・with
「一緒に、共に」という意味がある。
特に道具や物をあとに伴って使われます。

・in
場所に対して使われる語ですが、言語や時間、方法などでも使われる前置詞です。
・in 20 days(20日で)

・under
物や人の影響下にあるときに使われる表現です。
under の「下」というニュアンスは、英語でも日本語でも同じです。
・protected under law(法律の下で守られている)

・on
状態や物などに対して使われます。
・on vacation(休暇中で)

by のよく使われる表現

by を使った非常に良く使う、覚えておくべき表現は次の3つ。
それぞれ使われ方が違っていますが、とてもよく出てくる表現なので、必ず覚えておきたいものです。

by the way : ところで
 By the way, how is your wife?
 ところで、奥さんの体調はどうですか?

by the time ~ : ~までに
 Please finish it by the time I come back.
 私が戻ってくるまでに終わらせておいてください。

by one's self : 一人の力で
 Don't worry. She can do it by herself.
 心配しないで。彼女は一人でできるから。
 

 

例文

We go there by train.
私たちは電車で行きます。

No audio devices are recognized by your computer.
あなたのコンピュータでオーディオ・デバイスを認識できません。

The driver was charged with speeding.
そのドライバーはスピード違反で告発された。

I cannot open this file with my computer.
私のコンピューターではこのファイルは開けません。

The client cannot communicate in English.
そのクライアントは英語でのコミュニケーションができません。

The program should open in design mode in the editing area.
そのプログラムは編集領域にデザインモードで開きます。

Submit form data under a certain condition.
特定の条件の下でフォーム・データを送信します。

The company is no longer under the control of the government.
その会社は今はもう政府の管理下におかれていません。

This sweater is on sale.
このセーターは販売中です。

I have to work on a project while on a business trip.
私は出張中にプロジェクトで作業しなければならない。

関連記事: at, in, by, around,..
接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:110 t:6 y:9