スポンサーリンク   

briefly, shortly「手短に」意味の違い、使い分け

同じような意味の言葉として使っている2つの副詞、brieflyshortly.
形容詞の brief と short の場合はどちらも「手短な、簡潔な」という意味で同じなのですが、今回のような副詞の場合は、その意味が異なってきますので注意が必要です。

それぞれの語の意味の違いと使い分けについて、まとめてみました。

briefly : しぱらくの問、手短に

briefly

ごくわずかの時間に起こったことについて、述べるときに使います。
ちょっとだけ何かをしたとか、わずかな時間誰かに会ったとか、ほんの短い時間にどこかに滞在したなどと言う場合に、briefly を用います。また、少ない言葉で大まかに何かを説明する、というような場合にも briefly が使われます。

ご存知のように、オンラインレッスンでも良く出てくる言葉です。
 Let me introduce myself briefly.
 簡単に自己紹介をさせてください。

「ちょっとの間」という意味で、1つの動作が短いときに momentarily が使われますが、briefly も同じ意味の語として使われます。

例文:
・She spoke to me briefly.
 彼女は私に手短に話した。

・Let me explain it briefly.
 手短に説明させてください。

・The two men had met briefly once before.
 その二人は以前一度ちよつとだけ会ったことがあった。

・He told them briefly what had happened.
 彼は何が起こったのかを彼らに簡単に話した。

shortly : まもなく、手短に、そっけなく

shortly

shortly は、物事がすぐあとに起こることを述べるときに使う語になります。
未来の動作を暗示して「すぐに」という意味で使うことが多く、ご存知の soon と
同じ意味の単語です。(shortly = soon)

「手短に」という意味でも使うことができる、と書かれているものもありますが、
実際には非常に少ないようです。その場合は shortly ではなく、briefly が使われ
ることが多いです。

例文:
・He will come shortly.
 彼はすぐに来るでしょう。

・I'll be with you shortly.
 すぐにそちらへ参ります。

・I'm leaving for London shortly.
 私はもうすぐロンドンに出発します。

・Shortly after the break l was driven back to the hotel.
 少し休憩したあとホテルまで送ってもらいました。

スポンサーリンク

 
a:290 t:1 y:1