トップ形容詞boring, dull, trivial

boring, dull, trivial「つまらない 」違い、使い分け

今回の英単語は、形容詞「つまらない」の同意語である boring, dull, trivial の3つ。
意味の違いや使い方/使い分けについてまとめてみました。


boring :興味をそそらずうんざりさせる

「つまらない、退屈させる」という訳語があてられ、ある特定の者が人をうんざりさせることを表します。

the boring job(つまらない仕事を)、boring stuff(つまらないもの)は、それぞれの仕事やものは人の興味を喚起せず、うんざりさせることを表します。

例文:
My class has a lot of boring people in it.
うちのクラスには退屈な人がいっぱいいる。

His stories are boring.
彼の話はつまらない。

Today was a boring day.
今日は退屈な日でした。

 

dull:刺激にかける

「頭や感覚が鈍い」という意味を中心的ニュアンスとして、そこから意味が拡張しています。

次のような表現は、精神を刺激するようなことがない、退屈な状況を表します。
・退屈なとき   a dull moment
・退屈なお決まりの日常 a dull routine
・退屈な人生   a dull life
・つまらない試合 a dull game

また、次の例のように、時に関する名詞を修飾する傾向もあります。
・退屈な日    a dull day
・退屈な午後   a dull afternoon

例文:
I spent another dull day at the office today.
今日もまた会社で退屈な日をすごした。

I'm feeling dull without you.
君がいないとやる気がおきないです。

I am having a dull weekend.
私も退屈な週末を送っている。

trivial :取るに足りないこと

「ささいな、つまらない、考える価値のない」という意味を表し、boringdull のように、興味を喚起しないというニュアンスでは使われません。

例文:
We fight over trivial things.
私たちは些細なことで喧嘩をする。

He instantly gets steamed up about trivial things.
彼は瞬間湯沸かし器だ.

You're taking trivial things too seriously.
つまらないことにこだわる人ですね.

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他 


a:17547 t:6 y:11